フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 田崎史郎『安倍官邸の正体』講談社現代新書 | トップページ | 岡田喜一郎『淀川長治の映画人生』中公新書ラクレ »

2015年5月10日 (日)

岩田靖夫『ヨーロッパ思想入門』岩波ジュニア新書

ヨーロッパ思想は二つの礎石の上に立っている。ギリシアの思想とヘブライの信仰である。

新約聖書がギリシア語で書かれているのは、ヘレニズム時代にギリシア語が地中海沿岸地域の世界語であったからである。

コスモスというギリシア語ほど、ギリシア人の理性主義を端的にあらわしている言葉はあまりない。

本質の探究。これがギリシア理性主義の根幹である。

クセノファネスやプラトンは、その非倫理性のゆえに、ホメロスの神々をきびしく批判したのであり、真実の神は人間にはまったく似ていないと言って、その超越性を主張したのであった。

ソフィストの中でもっとも傑出した人物はプロタゴラスである。

イエスの生涯については、公に活動したほぼ三年間の言行以外には、ほとんど何も知られていない。

ヘーゲルの歴史哲学はキリスト教の終末論を世俗化したものであった。

« 田崎史郎『安倍官邸の正体』講談社現代新書 | トップページ | 岡田喜一郎『淀川長治の映画人生』中公新書ラクレ »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩田靖夫『ヨーロッパ思想入門』岩波ジュニア新書:

« 田崎史郎『安倍官邸の正体』講談社現代新書 | トップページ | 岡田喜一郎『淀川長治の映画人生』中公新書ラクレ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック