フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 香山リカ『劣化する日本人 自分のことしか考えられない人たち』ベスト新書 | トップページ | 南場智子『不格好経営 チームDeNAの挑戦』日本経済新聞出版社 »

2015年5月31日 (日)

若松英輔『生きる哲学』文春新書

井筒が、熱情をもって論じたのが空海の真言密教における曼荼羅の哲学だった。密教においてコトバは、ときに曼荼羅の姿をもって表される、曼荼羅は幾多の教典にけっして劣ることない叡智の結晶の表現だと井筒はいう。

「棄民」という言葉は江戸時代からあったが、それを現代によみがえらせたのは水俣の人々だった。

『本居宣長』で小林が論じているように宣長は、日本儒学に新たな一派古文辞学派を樹てた荻生徂徠から決定的な影響を受けている。

ブッダは何も書き残していない。

真実の存在世界のことをブッダは、「彼岸」と呼んだ。

« 香山リカ『劣化する日本人 自分のことしか考えられない人たち』ベスト新書 | トップページ | 南場智子『不格好経営 チームDeNAの挑戦』日本経済新聞出版社 »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若松英輔『生きる哲学』文春新書:

« 香山リカ『劣化する日本人 自分のことしか考えられない人たち』ベスト新書 | トップページ | 南場智子『不格好経営 チームDeNAの挑戦』日本経済新聞出版社 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック