フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 小菅信子『戦後和解 日本は<過去>から解き放たれるのか』中公新書 | トップページ | 岡田晋他『改訂 現代映画事典』美術出版社 »

2015年5月 6日 (水)

V.E.フランクル『夜と霧 ドイツ強制収容所の体験記録』みすず書房

カポー(囚人を取締るため囚人の中より選ばれた者)

アウシュヴィッツは一つの概念だった。

精神医学はいわゆる恩赦妄想という病像を知っている。

異常な状況においては異常な反応がまさに正常な行動であるのである。

収容所において最も重苦しいことは囚人がいつまで自分が収容所にいなければならないか全く知らないという事実であった。

« 小菅信子『戦後和解 日本は<過去>から解き放たれるのか』中公新書 | トップページ | 岡田晋他『改訂 現代映画事典』美術出版社 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 小菅信子『戦後和解 日本は<過去>から解き放たれるのか』中公新書 | トップページ | 岡田晋他『改訂 現代映画事典』美術出版社 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック