フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 沼田やすひろ『「おもしろい」映画と「つまらない」映画の見分け方』キネ旬総研エンタメ叢書 | トップページ | 大村大次郎『決算書の9割は嘘である』幻冬舎新書 »

2015年6月10日 (水)

長谷部恭男『憲法のimagination』羽鳥書店

1935年の天皇機関説事件は学問上の論争ではない。

美濃部の天皇機関説は、天皇の始源的権力について語っていない。美濃部は徹頭徹尾、憲法をその内部から眺めており、外部の視点から憲法を見ることをしない。

日本国憲法は立憲主義に立脚している。立憲主義と絶対平和主義は両立しない。どちらかを採る必要がある。

民族は独自の「記憶」を持つといわれることがある。

アメリカの基本戦略の前に法はない。

国民国家(nation state)は徴兵制と手に手をとって生まれた国家モデルである。

カント主義の逆の極端に位置するのが、オルソン主義である。

「先例に従うべし」というのは、ハンス・ケルゼンの言う根本規範と同様、・・・

高橋和之氏によれば、立憲主義とは、「国の統治が憲法に従って行われなければならないという考え」である。

パスカルの『パンセ』には、モンテーニュの『随想録』のコピペではないかと疑われるところがあります。

« 沼田やすひろ『「おもしろい」映画と「つまらない」映画の見分け方』キネ旬総研エンタメ叢書 | トップページ | 大村大次郎『決算書の9割は嘘である』幻冬舎新書 »

法学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/61723388

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷部恭男『憲法のimagination』羽鳥書店:

« 沼田やすひろ『「おもしろい」映画と「つまらない」映画の見分け方』キネ旬総研エンタメ叢書 | トップページ | 大村大次郎『決算書の9割は嘘である』幻冬舎新書 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック