フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 長谷部恭男『憲法のimagination』羽鳥書店 | トップページ | 楠木建『戦略読書日記 本質を抉りだす思考のセンス』プレジデント社 »

2015年6月10日 (水)

大村大次郎『決算書の9割は嘘である』幻冬舎新書

企業を知るには「株主構成」がもっとも重要

銀行などの支配下にある企業では、オーナーである銀行の心証を良くするために、一生懸命に収益を上げようとします。

実は現在、朝日新聞社の最大株主というのは、「社員持ち株会」なのです。

国税調査官も、一般管理費が下がっている会社にはまず調査には行きません。

第4四半期を見れば粉飾がわかる!

脱税のほとんどは「駆け込み型」なのです。

« 長谷部恭男『憲法のimagination』羽鳥書店 | トップページ | 楠木建『戦略読書日記 本質を抉りだす思考のセンス』プレジデント社 »

粉飾決算」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大村大次郎『決算書の9割は嘘である』幻冬舎新書:

« 長谷部恭男『憲法のimagination』羽鳥書店 | トップページ | 楠木建『戦略読書日記 本質を抉りだす思考のセンス』プレジデント社 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック