フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 藤井非三四『陸海軍戦史に学ぶ負ける組織と日本人』集英社新書 | トップページ | 國定浩一『甲子園ライトスタンドにはビジネス成功の鍵が87もあった』TOブックス »

2015年8月23日 (日)

坪井賢一『これならわかるよ! 経済思想史』ダイヤモンド社

「貨幣量×貨幣の流通速度=価格×取引量」という貨幣交換方法式で表されます。この式を見ればわかるように、貨幣量を増やせば価格は比例して上昇することになります。

貨幣残高を最重視する政策を「マネタリズム」といいますが、・・・

オイコノミヤ(家計)

「稀少」は英語の「レア(rare)」ですが、非常に少ないという意味ではなく、欲しい人全員には行き渡らない状態を意味しています。

労働価値説。つまり、物やサービスの価値は労働量で決まるとしました。

彼らにとって、貿易差額(輸出と輸入の差)として得る金額こそ国富だったんだね。どうやって貿易黒字の金銀を蓄積するかが重要だった。これを重商主義といいます

マルクスは、社会主義はブルジョワ(富裕な市民層)の運動で、共産主義はプロレタリア(労働者)の運動だと言っている。

価値(価格)は効用で決まると、効用価値説を唱えたのが新古典派です。

« 藤井非三四『陸海軍戦史に学ぶ負ける組織と日本人』集英社新書 | トップページ | 國定浩一『甲子園ライトスタンドにはビジネス成功の鍵が87もあった』TOブックス »

経済学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/62135468

この記事へのトラックバック一覧です: 坪井賢一『これならわかるよ! 経済思想史』ダイヤモンド社:

« 藤井非三四『陸海軍戦史に学ぶ負ける組織と日本人』集英社新書 | トップページ | 國定浩一『甲子園ライトスタンドにはビジネス成功の鍵が87もあった』TOブックス »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック