フォト
無料ブログはココログ

amazon

« ジョン・P・コッター『実行する組織 大組織がベンチャーのスピードで動く』ダイヤモンド社 | トップページ | レーリンク,カッセーゼ『東京裁判とその後 ある平和家の回想』中公文庫 »

2015年8月11日 (火)

辺見庸×佐高信『絶望という抵抗』金曜日

安倍的ファシズムのなかには、そういうものもあると思うんです。ひじょうに平板な構文のなかで、易しい単語をつかって納得し合う関係性。それはファシズムの基本形の、ひとつの特徴です。

竹中労が言ってましたが、人は弱いから群れるんじゃなくて、群れるから弱いのだと。一人ひとりがガチで反対する気があるのかと。

パシフィズム(徹底的な非武装)

ファシストは、ゆえに、法則的に必ず負けるのです。

中国の監視社会は世界最強の部類です。

十五年戦争で日本が見たのは、殺しても殺しても、いくらでもわいてくる人の群れ、いくら占領しても点でしかない、およそ占領しつくせない広漠たる空間でした。

中国は一週間で戦争の準備ができます。

鶴田浩二

我々もそれぞれの代紋を背負って悪いことをやっているけれど、菊の代紋を背負う奴がいちばん悪いことをする。

三島の自決はフィクショナルなクーデターです。一作家が頭の中で描いた妄想を現実に行なった。

99歳のむのたけじが言っています。日本人にないのは希望でなく絶望だ。

絶望は深ければ深いほどいい。

中身が欠けているんです。自分たちがどれだけ身体を担保するのかが、決定的に欠けている。

もっと踏み込まないと、人間の存在がどういう危機にあるのかを描けない。

身体を担保するというのはやくざっぽい言い方ですけれども、そういう段階なのだろうと思うんです。

« ジョン・P・コッター『実行する組織 大組織がベンチャーのスピードで動く』ダイヤモンド社 | トップページ | レーリンク,カッセーゼ『東京裁判とその後 ある平和家の回想』中公文庫 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/62507885

この記事へのトラックバック一覧です: 辺見庸×佐高信『絶望という抵抗』金曜日:

« ジョン・P・コッター『実行する組織 大組織がベンチャーのスピードで動く』ダイヤモンド社 | トップページ | レーリンク,カッセーゼ『東京裁判とその後 ある平和家の回想』中公文庫 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック