フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 森嶋通夫『イギリスと日本-その教育と経済-』岩波新書 | トップページ | 武田泰淳『政治家の文章』岩波新書 »

2015年10月26日 (月)

中山研一『現代社会と治安法』岩波新書

旧憲法下における日本の政治秩序を根本的に性格づけるものがいわゆる「天皇制」

旧刑法がフランス法系に属し、ボアソナードの原案を土台としたものであることは知られているが、そこではとくに、罪刑法定主義の原則が明文で宣言されていること、・・・

「特高」警察は、この大逆事件を直接かつ主要な動機として、一挙に確立されたものということができる。

治安維持法は、共産主義運動の取締法であることを決してかくさなかった。

戦前は天皇がタブーであったが、戦後は占領軍がタブーとなった。

« 森嶋通夫『イギリスと日本-その教育と経済-』岩波新書 | トップページ | 武田泰淳『政治家の文章』岩波新書 »

法学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/62552164

この記事へのトラックバック一覧です: 中山研一『現代社会と治安法』岩波新書:

« 森嶋通夫『イギリスと日本-その教育と経済-』岩波新書 | トップページ | 武田泰淳『政治家の文章』岩波新書 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック