フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 広中俊雄『戦後日本の警察』岩波新書 | トップページ | 大野晋『日本語をさかのぼる』岩波新書 »

2015年10月19日 (月)

村上重良『慰霊と招魂 -靖国の思想-』岩波新書

靖国の思想は、幕末維新の政争のなかで生まれた国事殉難者の招魂の思想に発している。

三種の神器のひとつヤタノカガミを神体とする伊勢神宮

アメノムラクモ(クサナギ)ノツルギを神体とする熱田神宮は、天皇にとって、伊勢神宮に次ぐ重要な神社であり、・・・

遊就館の名称は、古代中国の『荀子』の「勧学篇」にある・・・・・

英霊は、もともと霊魂の美称であるが、・・・

神武天皇を祀る橿原神宮、桓武天皇を祀る平安神宮

« 広中俊雄『戦後日本の警察』岩波新書 | トップページ | 大野晋『日本語をさかのぼる』岩波新書 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村上重良『慰霊と招魂 -靖国の思想-』岩波新書:

« 広中俊雄『戦後日本の警察』岩波新書 | トップページ | 大野晋『日本語をさかのぼる』岩波新書 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック