フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月29日 (日)

日本経済新聞社編『戦略・マーケティングの名著を読む』日本経済新聞出版社

製造はバリューチェーンの中でも差がつきにくい領域であり、後発企業に追いつかれる危険性が高いということを認識すべきです。

寄せ集めの戦略は間違った戦略であることの最たる例です。

ルメルトの言う4つの陥りやすい罠を再確認しておきましょう。

  1. 空疎である
  2. 重大な問題に取り組まない
  3. 目標を戦略ととりちがえている
  4. 間違った戦略目標を掲げている

失敗について、おそらく1冊分の本がかけるだろう(クロック)。

1人の死は悲劇だ。しかし100万人の死は、統計上の数字にすぎない(スターリン)。

炭鉱のカナリア

山田英二『ビジネスモデル思考 既存ビジネスから「イノベーション」を生む7つの視点』KADOKAWA

経営者が優秀で優秀な社員を抱えた優秀な企業からは、業界の地図を塗り替えるような破壊的イノベーションは生まれてこない(クリステンセン)。

蒸気機関車が発明される前は、医者の資格の一つに「馬に乗れること」というものがありました。

サイモンがこうした歴史から洞察したイノベーションに関する教訓は、次の4つに集約されます

  1. 「技術がもたらす結果は予測不能」。蒸気機関が登場した当時、それがどのような結果をもたらすか、正確に予測できた人はいなかった
  2. 「革新のポイントは『連鎖反応』にあり」。新たな技術が生まれると、世の中に大きなインパクトを与え、それがさらに別の技術革新を生みだす
  3. 「イノベーションを生みだすには『immerse(没頭すること)』が大事」
  4. 「社会に革新的なインパクトを与えるのは、汎用的な技術」

10分間のエンターテインメント

顧客「を」見るのではなく、顧客「から」見る

山村武彦『新・人は皆「自分だけは死なない」と思っている』宝島社

緊急時、人間は1人でいるときは「何が起きたのか」とすぐ自分の判断で行動を起こす。しかし、複数の人間がいると「皆でいるから」という安心感で、緊急行動が遅れる傾向にある。これを「集団同調性バイアス」と呼ぶ。

パニック(panic)の語源はギリシャ神話から来ている。

出火したときの優先緊急行動4原則を決めた。

  1. 知らせる
  2. 消す
  3. 助ける
  4. 逃げる(逃がす)

2015年11月25日 (水)

リッチ・カールガード『グレートカンパニー 優れた経営者が数字よりも大切にしている5つの条件』ダイヤモンド社

実践経験のない大将は戦略を論じる。本物の大将は兵站(ロジスティクス)を論じる。

費用対効果という目標が掲げられたのは、資源には限りがあること―カインは理解したが、弟アベルは理解しなかった事実―

テイラリズムでは労働者や業務の進み具合を、ほとんど絶対的と言っていいレベルで支配する必要があった。

1950年代の「会社人間」―社会学者ウィリアム・ホワイトの造語

スティーブ・ジョブズの数ある矛盾のうちの一つは、形に対して度が過ぎるほどこだわる一方で、機能についてははっきりとした意見を持っていたことである。

フィリップ・デルヴス・ブロートン『なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?』プレジデント社

商売には三つのことが必要だとね。数百歳まで生きたノアの年の功。奴隷にも金をまとわせたスレイマンの富。そして預言者ダビデの忍耐さ。

ドナルド・トランプがセールスマンにこれほど賞賛されるのは、彼が成功者だからではなく、成功し、失敗し、そしてもう一度這い上がってきたからだとラパイユは言う。

レヴィンは、人間関係を築くには、「自然な会話」を重ねるにつきるという。

アップルがカルトだと言われるゆえんは、わけのわからない理念のために個性を捨てさせる、こうした行為にもある。

カンタベリー物語

ローマ・カトリック教会を「キリスト教世界における、最大最古にして、もっとも巧みで厚顔かつ実入りのいい営業広報組織」と呼んだのである。

バートンはキリストがセールスマンとして成功した要因を三つ挙げている。まず、彼の声と身のこなしが人を惹きつけて離さず、彼の「圧倒的な誠実さ」がそれに真実味を与えていたこと。次に、有象無象の衆から隠れた才能を発掘し、優秀な弟子を周りに置いていたこと。最後に、いちばん大切なのは、「果てしない忍耐力」があり、それを使って組織を養成していったこと。

アリストテレスは、反復運動がその人を決める、したがって「卓越とは行動ではなく習慣である」と言った。

ネルソン・マンデラは、毎朝自分のベッドを整える。

フィリップ・コトラー他『コトラー世界都市間競争 マーケティングの未来』碩学舎・中央経済社

国家の成長は主要な都市の成長と密接な関係がある。

今日、アメリカの海外売上が最も大きな都市は、西側のヨーロッパ先進国と日本、韓国、オーストラリアである。

国家の富を生み出すのは、巨大都市地域であって、国家ではない。

おそらく、アメリカで最も突出した産業集積はテキサス州のヒューストンだろう。

カナダ人作家でコメンテーターのナオミ・クラインのような多くの左翼や、・・・

もう世界(の主要都市)は、ほとんど国境的な何かを意識することなく活動していることは疑いない。

2015年11月22日 (日)

齋藤孝『余計な一言』新潮新書

フロイトは、普通の人ならば「ついうっかり言い間違えたのだな」と聞き流すような言葉に着目しました。そして「言い間違えたところにこそ、その人の隠れた心が顕れる」と、考えるようになったのです。

ニーチェも、器の小さい人間というのは、妬みでできているという主旨のことを述べています。

ドストエフスキーの小説の登場人物は、常に不意に行動します。ときには自分自身の心理さえも裏切って行動し、思ってもみないことまで口にする。無意識を表出してしまうのです。

2015年11月18日 (水)

出口治明『人生を面白くする本物の教養』幻冬舎新書

日本のリーダー層は、世界標準からすると、教養という点ではかなりレベルが低いと言わざるをえません。

腑に落ちていることが、行動力やバイタリティの源泉になります。つまり、本気を呼び起こすのです。

「どちらとも言えない」を選んでしまうのは、ほとんどの場合「考え不足」が原因です。

「広く浅く」でなく「広く、ある程度深い」素養が必要

個別に「狭く、深い」専門分野を持ったうえでの、「広く、ある程度深い」素養なのです。

人間の意識や思考は、その人が育った直近の20~30年の社会のあり方をそのまま反映しているという学説が社会学にあります。

終身雇用、年功序列、定年は、すべて「ワンセットの特異な労働慣行」だったのです。

物事の本質は、たいていシンプルなロジックでとらえることができます。・・・・・シンプルなロジックで理解できないものは、本質をとらえていない可能性があります。

野党が政府を批判するときには、当然、代案を伴うべきです。

直観的な一覧性という点では、いまだ新聞に勝るものはありません。

アレクサンドロスをアラビア語に直せばイスカンダルとなります。

現代の選挙システムでは、白票や棄権は有力候補に投票するのとまったく同じ結果をもたらします。

国債を引き受けているのは、どの国でも金融機関です。

近代国家においてもっとも信用できる金融機関はどこかと言うと、最終的には国ということになるのです。

沈む船からボートを降ろすときは子ども、女性、男性、高齢者の順です。

35年や2世代の超長期の住宅ローンは、成長神話を引きずったモデルです。

領有権問題は、現在、実効支配している国を有利とするのが国際法上の原則です。

近代のドイツはプロイセンが発祥の地ですが、かつてのプロイセンの首都ケーニヒスベルクは現在ロシア領のカリーニングラードであり、・・・

「ワークライフバランス」という表現は間違っていると思います。「ライフワークバランス」と言い直すべきです。

2015年11月16日 (月)

辺真一『大統領を殺す国 韓国』角川oneテーマ21

北朝鮮をバックアップし、金日成体制を支えていたのは、ソ連のスターリンと中国の毛沢東。

1990年頃まで韓国は労働力を輸出していた。その元祖が朴正煕政権下での政策だった。

町井は在日韓国人で、暗黒街の世界では有名な「親分」であった。

光州で起こった大規模なデモに投入されたのは、韓国国軍のなかでも精鋭ぞろいの特殊部隊だった。

光州事件は全斗煥政権が犯した最大の罪だった。

朴正煕政権下で日韓基本条約が結ばれた折、従軍慰安婦問題に関しては、当時交渉に当たった韓国の外相が、日本との間でこの問題はお互い恥ずべき事柄だから、触れるのをやめようといった合意があった。

大統領制はトップダウン方式だ。スピーディな決断と実行は大統領制のメリットだろう。日本の議院内閣制は積み上げ方式で物事を決めていく。そのため、決断に時間がかかり、どうしても実行が遅くなる。

森炎『名作裁判 あの犯人をどう裁く?』ポプラ新書

現在の日本の死刑適用の基準は、大まかに言うと、被害者の数によって決まっています。つまり、「死刑になるのは三人以上殺害した場合で、二人殺害では死刑になる場合とならない場合がケースごとに判断され、一人殺害では原則的には死刑にはならない」といった大枠があります。

刑事裁判というのは、検察側・弁護側のどちらが正しいのかを判断するものではありません。あくまで、検察側の立証が十分かどうかを判断するものです。

日本の現在の裁判では、一人殺害で死刑となることがあるのは、身代金目的誘拐殺人、保険金目的殺人、強盗殺人の3種に、ほぼ限られています。

池上彰・佐藤優『新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方』文春新書

ソ連で、宗教弾圧を本格的に行ったのは、レーニンとフルシチョフです。

今の世界の普遍的な宗教は、拝金教です。

今の世界にはびこっているのは、ナショナリズムという宗教です。

国際情勢の変化を見るときは、金持ちの動きを見るんだ。

シリアのキーポイントは、アラウィ派

アメリカは「毒ガスを使ったやつは殺す」というのが基本的な戦略です。

メソジスト派だったら関西学院大学や青山学院大学、バプテスト派だったら西南学院大学、カトリックだったら上智大学、南山大学、長老派(カルヴァン派)だったら明治学院大学、会衆派だったら同志社大学とか、分かれているでしょう。

イスラム法学者は頭にターバンを巻いています。白と黒があって、黒いターバンはムハンマドの血筋を引く人を意味します。

ネット上で人々が一団となって偏向した意見などに段階的に押し流されてしまう「サイバーカスケード現象」

渡部昇一・谷沢永一『読書談義』徳間文庫教養シリーズ

人の作った研究をもう一ぺん斬新な目で見直して、解釈をして、そこに何か上位の視点を作って、流麗な文章で書き上げたら学問になるんだと、戦前から戦後に続く日本の学問風土のの一つの基礎を作ったのが和辻ではないかと思うんですね。

↑ (鷲田小彌太『哲学を知ると何が変わるか』講談社文庫)

鷗外という人の品性に、ずっと疑いを持ってた。何々によって自分がこういう考えを受けたとかいう根源は絶対言わない人だと。本当に自分の発明なのか、あるいは誰かそれこそヒントをくれた貴重な人があるのか。もちろんヒントを得たからといって、それを自分のものにするのは、これはもうその本人の能力だけども、自分のバネになったもの、拠りどころになったものをいつも隠すという性癖がずっとあります。もう一つ、何か議論する場合には、鴎外はネタ本の解読しかできなかった人です。

↑ (坪内祐三『文庫本を狙え!』晶文社)

2015年11月15日 (日)

中村儀一『会社の中身がまるごと見える!「会計力」のツボ』青春出版社

バランスシートには、この6つのタイプしかない

  1. 債務超過
  2. 自転車操業
  3. 安定経営
  4. 成長経営
  5. お金持ち経営
  6. 金満経営

新規事業に手を出していいのは、成長経営以上の会社です。

時にはGNN経営に走ることもあります。GNNとは「義理」と「人情」と「浪花節」のことです。データや事実よりも勘と経験が大事! 論理よりも感情です、度胸です。

古市憲寿『だから日本はズレている』新潮新書

斎藤美奈子によれば、日本で爆発的な売れ方をした文学作品には次のような特徴があるという。①若い作家が書き手で、②デビュー作かそれに近い作品で、③作家本人も魅力があり、④今風の若者たちが描かれているらしい作品。

ジョブズが本当にすごいのは、大したことのない技術を「革命」のように見せる手腕だ。

とにかくどのプレゼンも、過剰に芝居がかかっているのである。

誰もが笑顔で、たぶん心からは信じていないことを、台本を読むかのようにプレゼンしている。

日本は「枕草子」などで「小さきもの」を尊ぶ文化があったから、「小ささと引き算の活用」で日本を伝えたいとか勝手な日本文化論がとうとうと語られる。

韓国には「コネスト」という非常に充実した日本人・中国人観光客向けサイトがある。

滝川クリステルが発した「お・も・て・な・し」という呪文、異国情緒溢れる奇妙なお辞儀。自分たちが発信したい「ニッポン」ではなくて、海外映画に出てくるような「ニッポン」に相乗りしたのだ。

憲法草案に「あなた」にあたるものはない。

・・・・・19条を「思想及び良心の自由は、保障する」と変更。日本語としてわかりにくく、また上から目線になった以外、何を替えたいのかがわからない。

ソーシャルメディアにおける「共感」というのは、冷めやすいのだ。

歴史は「たった一つの真実」として記述するのが非常に難しい。

「真実はいつも一つ」なんて言えてしまえるのは、名探偵コナンくらいである。

「社会人」は日本にしかいない

安田勝也『会社を良くする最高のレシピ おさえておきたい10のポイント』同友館

「社是」の言葉を成す「是」の字は、「正しいこと」を意味します。「是非」という言葉からもイメージできるでしょう。また、「是」には「まっすぐ進む」という意味もあるようです。企業として正しいと考えていることが「社是」であり、常にこれを追求していくのです。経営理念の考え方と似ています。

「社訓」はどうでしょうか。「訓」の字には、「筋道を通した教え」という意味があります。「筋道」とは、経営理念、社是のことです。経営理念に基づき、社内で従い共有すべき教えなのです。「このように行動しなさい」という内容の社訓であれば、行動理念と共通する部分が多いといえるでしょう。

強みは顧客によって異なる。

高井洋子『400円のマグカップで4000万円のモノを売る方法』ダイヤモンド社

経営は努力をするから儲かるのではない。儲かる仕組みがあるから儲かる。

個箱・行列・時間制限で回転率を上げる

顧客を「えいこひいき」する仕組み

フランチャイズ本部には、その事業が儲かる『圧勝のノウハウ』がある。

成功しているフランチャイズビジネスは、本部と加盟店が共通の価値観やすばらしい絆で結ばれている。

2015年11月14日 (土)

クラス・メランダー『ビジネスパーソンのためのスウェーデン式会計力のレッスン』Discover

業績を評価する手段として損益計算書には限界があります。

この欠点を補うために、多くの会社は経済付加価値(EVA)と呼ばれる考え方を適用しています。

EVAの考え方はいくつかの簡単な質問に基づいています。

  • その年度中に、利益によってどれだけの価値を実際に創り出したか?
  • その年度に該当する実際の資本コストはいくらだったか?

その差異が、EVA(経済的付加価値)です。

現金付加価値(CVA:Cash Value Added)

2015年11月11日 (水)

ウィリアム・H・マクニール『世界史 上』中公文庫

標準的な一国の歴史において、ひとつひとつの都市や村落の固有の体験が、どんなにむざんに無視されてきたかを考えてみるとよい。

神官の力と威信のもうひとつの基礎は、彼らが神々についてのすべてを知り、神々を喜ばす―ないしはそれが不可能なら、神々をなだめる方法を知っていたことだった。

ただし、現存する判例からみて、このハンムラビ法典の条項が実際に行われたかどうかは明らかでないが。

ギリシャ神話のケンタウルスと歴史時代の騎馬人とは、このようにぜんぜん異なった生物的種の間のみごとな共生を表していたのである。

ソクラテスが弟子のプラトン同様、過激な保守主義者であったことはまちがいない。

聖人孔子は、ほんとうのところ、自分を失敗者と見なしていた。なぜなら彼は一度も政につくことを求められなかったからである。

2015年11月 8日 (日)

小島直記『日本策士伝 資本主義をつくった男たち』中公文庫

明治の元勲といわれる人たちは、多かれ少なかれ、財界―富豪=個別企業と結びついていた。

不運というものは、全部を神の仕業としてはいけないもので、そこに性格や、感情の差異を求めなければならない。

旧幕時代から、日本からフランス人を先生にして軍隊制度を作っていた。ところがもろくもプロシアにやられたため、日本は先生をプロシアすなわちドイツにかえたのである。

明治の元勲で、財界ともっとも密接なのが井上馨だったことは議論の余地がない。

明治の政治家で、「不浄の金」の臭気をただよわせる三大スカンクは、山形有朋、井上馨、星亨である。

三谷宏治『戦略思考ワークブック【ビジネス篇】』ちくま新書

「重み」と「差」で考える

目的やDMU(意思決定体/Decision Making Unit)を明確にする

相手や目的においてダイジなのかどうか

モノの売り買いを伴わないものすべてが「サービス業」

F2層(35~49歳の女性)

グリコの社名はグリコーゲンから。

バーナードは「戦略」という軍事用語を、経営の世界に持ち込んだ最初の人

実は旭山動物園の経営は楽ではありません。客単価が低すぎるからです。

2015年11月 7日 (土)

江藤淳『小林秀雄』角川文庫

「Xへの手紙」の背後には明らかに「暗夜行路」があるが、そのむこうにはおそらく「明暗」がある。

小林の眼に映じた中原中也が「粗野で文体を持たない志賀直哉」であったようにマルクス主義文学運動は「白樺派」の庶出子である。

昭和八年七月号の「改造」に載った佐野学、鍋山貞親の「転向声明」

芸術家であることより前に人間であること

恐らくドストエフスキイは知つてゐたのである。この世に、真に善良な人間はキリスト一人しかゐないといふ事も、・・・

2015年11月 5日 (木)

呉茂一・中村光夫『ギリシア・ラテンの文学』新潮社版

アイスキュロス、ソポクレース、エウリピデースの三大悲劇詩人

デカルトやスピノサには修道士の面影があるのは事実です。プラトーンの霊魂不滅の思想はキリスト教にうけつがれましたが、・・・

プラトーンは断定するようなものの言い方をしない哲学者でしたから、・・・

『旧約』とは神とイスラエル民族との間の「契約」を中心としており、『新約』とはイエス・キリストによって、その契約が新しく樹立されたという意味です。

コーランを知らずに、アラビア文学を理解することは不可能です。

ピレネー山脈を越えればアフリカだ

ピカレスク小説・・・・・愛すべきわるい奴

2015年11月 4日 (水)

今村仁志『群衆―モンスターの誕生』ちくま新書

人間が寄り集まるだけでは群衆ではないのです。

二十世紀のおぞましい政治的現実は、群衆社会の結果でありますが、これに対して理性はまったく無力であったことは明らかです。

自分が群衆になっていることにまったく気づくことがないとき、いかなる精神も思想も、群衆的全体主義と同様に相当のあくどいことをやるものだ。そしてこのことは、今も変わりはないといっていいでしょう。

ホルクハイマーとアドルノの言葉を使うと、近代理性は「道具的理性」に変質するといってよいのですが、まさにこの道具的理性こそ群衆的理性なのです。

群衆はなんらかの社会的危機から生ずるものです。

群衆なるものが脚光を浴び始めるのは、どうやら、フランス革命からのようです。

ドストエフスキーの小説群はことごとくサクリファイス小説と言っていいほどです。

ハイデガーの現存在分析なるものも、究極的には、群衆化した人間からの脱出の哲学的試みということができます。

福田歓一『近代の政治思想 -その現実的・理論的諸前提-』岩波新書

人類の歴史のなかで、ヨーロッパの近代がもった意味は、とてつもなく大きいものでありまして・・・

フランス革命はその激しさと、世界史的意味とにおいて、まさにその頂点を示すものであります。

王様は人間の上にいる、しかし法の下にいる

イギリスのマグナ・カルタに代表されるような成文憲法が現われる

アメリカの植民地では、サルトルが『サレムの魔女』で描きましたような、たいへんな異端の迫害をやっているのであります。

「国際法の父」と言われているグロチウス

カントの認識理論はたいしたものにはちがいないのですが、しかし実践哲学の領域では、労働という観点はすっぽり抜けおちてしまっているからであります。

どこまでも預けた人間の利益のために運用するのが信託を受けた人間の義務であります。

高橋正衛『昭和の軍閥』中公新書

第一次大戦がもたらした画期的なものは、総力戦という概念であり、・・・

明治生まれの軍人は、期と生年とが一致するということである。

幼年学校、陸士の優等生には天皇より時計、陸大の優等生(通常一期で五人)には軍刀が下腸される。

なお血盟団という名称は、この事件の主任検事であった木内曽益がつけたものである。

宇垣にかぎらず陸軍では、現役か否かが決定的な力のちがいとなる。

統制派は、究極のところ、組織による改革、最後はヒトラーの授権法的政権獲得をめざしているのにたいし、皇道派は直接行動による改革に重点をおくといってもいい。

昭和七年という日本の情況は、たとえこの一節を含むものでも、「三二テーゼ」は、治安維持法の存在を自覚し、特高の拷問を覚悟し、また一家の破壊をも覚悟し、死刑さえも覚悟してまで運動をつづけた人々にとっては、立派な指針であったのであろう。

茅野良男『歴史のみかた』紀伊國屋新書

諸民族は、文書が案出されるよりずっと以前に文化のはじめをもっていた、しかし歴史は文書だけをただ一つの頼りとする(ランケ)。

今日「歴史」という言葉は、出来事、その叙述、史学という三義をもつ。

「歴史観」や「歴史哲学」という言葉は、明らかに近世の所産である。

ライプニッツもはやり学問の分類に歴史を入れていない。

ヘーゲルは歴史を形成してゆくものを世界精神とし、その背景に神の摂理を認めた。ディルタイはヘーゲルの前提をすべて拒否する。

2015年11月 2日 (月)

田中弘『「書斎の会計学」は通用するか』税務経理協会

傘は通路側に置く

エドワーズとベルの話は、会計ではないですね。

学術書・研究書の場合は、初版の印刷は1,500冊が普通で、それも三年程度で売り切れるものでなければ、在庫の山を築いてしまう。

佐藤先生が山下先生に向かって「山下さん、会計には利害調整なんていう機能はないんだよ」

会計は政治だ

財務諸表作りの財務諸表知らず

日本の会計学会がいかに子供じみているか、自分だけが頭がいいと信じている者が多いか・・・

布団と翻訳は叩けばホコリが出る

武田教授はここで「財貨」という言葉と「貨幣」という言葉を使っているが、「財貨」といえば「財」と「貨幣」を合わせた表現であり、・・・・・。正しくは「財の流れと貨幣の流れ」というべきではなかろうか。

千賀秀信『なぜ、スーツは2着目半額のほうがお店は儲かるのか?』SB Creative

高付加価値な家具やインテリアだからこそ、価値をきちんと伝えて販売する必要があります。そのためには人を重視した経営が必要です。しかし、安さ、手軽さを求める消費者が増えて、大塚家具に足を運ぶ消費者が相対的に減ってきたことが、大塚家具の売上高経常利益率の低さに表われています。

人を育てながら高付加価値戦略をさらに深耕するか、商品の販売方法を変えて、気軽に顧客を呼び込むかという、経営戦略の違いが、大塚家具のお家騒動(父と娘の経営権争い)の本質でしょう。

2着目半額の真の狙いは、固定費の節約だ

2015年11月 1日 (日)

E.B.アンドレーエヴァ『失われた大陸-アトランティスの謎-』岩波新書

アトランティスは、プラトンによると、ジブラルタル海峡の西にあって、反対側の大陸すなわちアメリカ大陸と大きな海をもってへだてられていた。

現在の人類学の知識では、地球最古の都市文明は、前4000年紀の後半、オリエントの地におこったとされている。

オリハルコン

『クリティアス』と『ティマイオス』のなかで、プラトンは滅亡したアトランティスについて語っている。

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック