フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 千賀秀信『なぜ、スーツは2着目半額のほうがお店は儲かるのか?』SB Creative | トップページ | 茅野良男『歴史のみかた』紀伊國屋新書 »

2015年11月 2日 (月)

田中弘『「書斎の会計学」は通用するか』税務経理協会

傘は通路側に置く

エドワーズとベルの話は、会計ではないですね。

学術書・研究書の場合は、初版の印刷は1,500冊が普通で、それも三年程度で売り切れるものでなければ、在庫の山を築いてしまう。

佐藤先生が山下先生に向かって「山下さん、会計には利害調整なんていう機能はないんだよ」

会計は政治だ

財務諸表作りの財務諸表知らず

日本の会計学会がいかに子供じみているか、自分だけが頭がいいと信じている者が多いか・・・

布団と翻訳は叩けばホコリが出る

武田教授はここで「財貨」という言葉と「貨幣」という言葉を使っているが、「財貨」といえば「財」と「貨幣」を合わせた表現であり、・・・・・。正しくは「財の流れと貨幣の流れ」というべきではなかろうか。

« 千賀秀信『なぜ、スーツは2着目半額のほうがお店は儲かるのか?』SB Creative | トップページ | 茅野良男『歴史のみかた』紀伊國屋新書 »

財務会計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田中弘『「書斎の会計学」は通用するか』税務経理協会:

« 千賀秀信『なぜ、スーツは2着目半額のほうがお店は儲かるのか?』SB Creative | トップページ | 茅野良男『歴史のみかた』紀伊國屋新書 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック