フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 齋藤孝『余計な一言』新潮新書 | トップページ | フィリップ・デルヴス・ブロートン『なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?』プレジデント社 »

2015年11月25日 (水)

フィリップ・コトラー他『コトラー世界都市間競争 マーケティングの未来』碩学舎・中央経済社

国家の成長は主要な都市の成長と密接な関係がある。

今日、アメリカの海外売上が最も大きな都市は、西側のヨーロッパ先進国と日本、韓国、オーストラリアである。

国家の富を生み出すのは、巨大都市地域であって、国家ではない。

おそらく、アメリカで最も突出した産業集積はテキサス州のヒューストンだろう。

カナダ人作家でコメンテーターのナオミ・クラインのような多くの左翼や、・・・

もう世界(の主要都市)は、ほとんど国境的な何かを意識することなく活動していることは疑いない。

« 齋藤孝『余計な一言』新潮新書 | トップページ | フィリップ・デルヴス・ブロートン『なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?』プレジデント社 »

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 齋藤孝『余計な一言』新潮新書 | トップページ | フィリップ・デルヴス・ブロートン『なぜハーバード・ビジネス・スクールでは営業を教えないのか?』プレジデント社 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック