フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 茅野良男『歴史のみかた』紀伊國屋新書 | トップページ | 福田歓一『近代の政治思想 -その現実的・理論的諸前提-』岩波新書 »

2015年11月 4日 (水)

高橋正衛『昭和の軍閥』中公新書

第一次大戦がもたらした画期的なものは、総力戦という概念であり、・・・

明治生まれの軍人は、期と生年とが一致するということである。

幼年学校、陸士の優等生には天皇より時計、陸大の優等生(通常一期で五人)には軍刀が下腸される。

なお血盟団という名称は、この事件の主任検事であった木内曽益がつけたものである。

宇垣にかぎらず陸軍では、現役か否かが決定的な力のちがいとなる。

統制派は、究極のところ、組織による改革、最後はヒトラーの授権法的政権獲得をめざしているのにたいし、皇道派は直接行動による改革に重点をおくといってもいい。

昭和七年という日本の情況は、たとえこの一節を含むものでも、「三二テーゼ」は、治安維持法の存在を自覚し、特高の拷問を覚悟し、また一家の破壊をも覚悟し、死刑さえも覚悟してまで運動をつづけた人々にとっては、立派な指針であったのであろう。

« 茅野良男『歴史のみかた』紀伊國屋新書 | トップページ | 福田歓一『近代の政治思想 -その現実的・理論的諸前提-』岩波新書 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高橋正衛『昭和の軍閥』中公新書:

« 茅野良男『歴史のみかた』紀伊國屋新書 | トップページ | 福田歓一『近代の政治思想 -その現実的・理論的諸前提-』岩波新書 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック