フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 田中弘『「書斎の会計学」は通用するか』税務経理協会 | トップページ | 高橋正衛『昭和の軍閥』中公新書 »

2015年11月 4日 (水)

茅野良男『歴史のみかた』紀伊國屋新書

諸民族は、文書が案出されるよりずっと以前に文化のはじめをもっていた、しかし歴史は文書だけをただ一つの頼りとする(ランケ)。

今日「歴史」という言葉は、出来事、その叙述、史学という三義をもつ。

「歴史観」や「歴史哲学」という言葉は、明らかに近世の所産である。

ライプニッツもはやり学問の分類に歴史を入れていない。

ヘーゲルは歴史を形成してゆくものを世界精神とし、その背景に神の摂理を認めた。ディルタイはヘーゲルの前提をすべて拒否する。

« 田中弘『「書斎の会計学」は通用するか』税務経理協会 | トップページ | 高橋正衛『昭和の軍閥』中公新書 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茅野良男『歴史のみかた』紀伊國屋新書:

« 田中弘『「書斎の会計学」は通用するか』税務経理協会 | トップページ | 高橋正衛『昭和の軍閥』中公新書 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック