フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 出口治明『人生を面白くする本物の教養』幻冬舎新書 | トップページ | フィリップ・コトラー他『コトラー世界都市間競争 マーケティングの未来』碩学舎・中央経済社 »

2015年11月22日 (日)

齋藤孝『余計な一言』新潮新書

フロイトは、普通の人ならば「ついうっかり言い間違えたのだな」と聞き流すような言葉に着目しました。そして「言い間違えたところにこそ、その人の隠れた心が顕れる」と、考えるようになったのです。

ニーチェも、器の小さい人間というのは、妬みでできているという主旨のことを述べています。

ドストエフスキーの小説の登場人物は、常に不意に行動します。ときには自分自身の心理さえも裏切って行動し、思ってもみないことまで口にする。無意識を表出してしまうのです。

« 出口治明『人生を面白くする本物の教養』幻冬舎新書 | トップページ | フィリップ・コトラー他『コトラー世界都市間競争 マーケティングの未来』碩学舎・中央経済社 »

ビジネススキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 齋藤孝『余計な一言』新潮新書:

« 出口治明『人生を面白くする本物の教養』幻冬舎新書 | トップページ | フィリップ・コトラー他『コトラー世界都市間競争 マーケティングの未来』碩学舎・中央経済社 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック