フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 齋藤孝『日本語の技法 読む・書く・話す・聞く―4つの力』東洋経済新報社 | トップページ | 山田修『間違いだらけのビジネス戦略』クロスメディア・パブリッシング »

2015年12月21日 (月)

若桑みどり『マニエリスム芸術論』ちくま学芸文庫

セザンヌが山を描いてから、山を描くにはふたつの方法しかなくなっている。セザンヌのように描くか、「そう描かない」ようにするか。

バロック芸術とは、反宗教改革と絶対主義王政の芸術である。

もっとも美しい彫刻とは、全体がピラミッド型に構成されていること、複数の人物で組みたてられていること、全体の形が立ちあがる蛇か、ゆらめき昇る炎のようであること。

アフロディーテは貝から生れた。シリアでは、女神は「真珠夫人」と名づけられていた。

« 齋藤孝『日本語の技法 読む・書く・話す・聞く―4つの力』東洋経済新報社 | トップページ | 山田修『間違いだらけのビジネス戦略』クロスメディア・パブリッシング »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/62912346

この記事へのトラックバック一覧です: 若桑みどり『マニエリスム芸術論』ちくま学芸文庫:

« 齋藤孝『日本語の技法 読む・書く・話す・聞く―4つの力』東洋経済新報社 | トップページ | 山田修『間違いだらけのビジネス戦略』クロスメディア・パブリッシング »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック