フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 小谷野敦『面白いほど詰め込める勉強法 究極の文系脳をつくる』幻冬舎新書 | トップページ | 内田樹編『日本の反知性主義』晶文社 »

2016年1月12日 (火)

佐藤優『超したたか勉強術』朝日新書

人の命を奪うような政治に対しては、どんなに弱い立場に置かれた人間であっても、抵抗し、最終的には弱き者が勝つのだということを教えてくれる。

異質である限り、社会の成員として認めない。これはフランス革命の一つの精神なのだ。

トロツキズムはマルクス主義の中では最も普遍主義的な潮流だ。世界革命を目指し、民族という要素を認めていない。

アラブ人やユダヤ人など、中東世界の人々の知的強靭さは記憶力によるところが大きい。

反ユダヤ主義は、英語でアンチ・セミティズムという。

国民国家という制度は近現代の国際標準である。

大日本帝国憲法は、日本人によって書かれた憲法だとの主張があるが、これは間違いだ。お雇い外国人の法律顧問、ヘルマン・ロエスレルやアルバート・モッセなどが憲法草案に大きく関与している。

« 小谷野敦『面白いほど詰め込める勉強法 究極の文系脳をつくる』幻冬舎新書 | トップページ | 内田樹編『日本の反知性主義』晶文社 »

ビジネススキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤優『超したたか勉強術』朝日新書:

« 小谷野敦『面白いほど詰め込める勉強法 究極の文系脳をつくる』幻冬舎新書 | トップページ | 内田樹編『日本の反知性主義』晶文社 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック