フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 大村大次郎『お金の流れでわかる世界の歴史』KADOKAWA | トップページ | 白眞勲『日韓魂 日本と韓国に生き、世界を見つめる』花伝社 »

2016年3月 1日 (火)

島田裕巳『お墓の未来 もう「墓守り」で困らない』マイナビ新書

今のところ、122歳というのが、我々人類の生きられる限界であると考えていいでしょう。

今のような墓参りの慣習が生まれたのも、実は戦後のことです。

墓を維持するには、その墓に参ってくれる人、掃除をしてくれる人、管理料を支払い続けてくれる人が必要になります。

« 大村大次郎『お金の流れでわかる世界の歴史』KADOKAWA | トップページ | 白眞勲『日韓魂 日本と韓国に生き、世界を見つめる』花伝社 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/63285920

この記事へのトラックバック一覧です: 島田裕巳『お墓の未来 もう「墓守り」で困らない』マイナビ新書:

« 大村大次郎『お金の流れでわかる世界の歴史』KADOKAWA | トップページ | 白眞勲『日韓魂 日本と韓国に生き、世界を見つめる』花伝社 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック