フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 瀧本哲史『戦略がすべて』新潮新書 | トップページ | デビッド・シロタ他『熱狂する社員 企業競争力を決定するモチベーションの3要素』EIJI PRESS »

2016年4月15日 (金)

浅田彰『構造と力 記号論を超えて』勁草書房

人がそれと知らずにかけている色メガネをドクサという。

ドクサという語をパラダイムないし構造という語で置きかえても大過ないことに注意しておこう。

『資本論』なんて、どう見ても寝転がって読むようにできているのだ。

フロイトは死の欲動こそ最も欲動的だと述べている

アドルノがヘーゲルの弁証法に対して否定的弁証法を提出していることに注目せねばならない。

« 瀧本哲史『戦略がすべて』新潮新書 | トップページ | デビッド・シロタ他『熱狂する社員 企業競争力を決定するモチベーションの3要素』EIJI PRESS »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅田彰『構造と力 記号論を超えて』勁草書房:

« 瀧本哲史『戦略がすべて』新潮新書 | トップページ | デビッド・シロタ他『熱狂する社員 企業競争力を決定するモチベーションの3要素』EIJI PRESS »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック