フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 熊野純彦『現代哲学の名著 20世紀の20冊』中公新書 | トップページ | 浅田彰『構造と力 記号論を超えて』勁草書房 »

2016年4月15日 (金)

瀧本哲史『戦略がすべて』新潮新書

 「コモディティ化」とは、特定のジャンルにおいて、どの商品の品質も同じように高まると、顧客にとって代わり映えしなくなってしまう状態を指す。

多くの産業で、大企業と中小企業で資本生産性はそれほど変わらず、差がつくのは資本装備率なのだ。

従業員の給与は、付加価値額に労働分配率をかけたもので決まる。

元「○○」の個人の活躍が目立つようになったら、その出身母体の企業はすでにピークアウトしていると考えてまず間違いない。

自分が属する業界のことを知りつくし、かつ、新しい仕組みについてのアイディアを持てば、起業は成功する確率が高い。

GEのジャック・ウェルチが最も力を入れたプロジェクトが、クロトンビルの研修所

ドイツのレクラム文庫を範にした岩波文庫

マーケティングの最先端の世界では文化人類学のアプローチが消費者理解に活用されている。

MITでは、地雷除去ロボットが掃除機になった。

「最強の軍隊はアメリカ人の将軍、ドイツ人の将校、日本人の下士官と兵だ。最弱の軍隊は中国人の将軍、日本人の参謀、ロシア人の将校、イタリア人の兵だ」というジョークがある。

« 熊野純彦『現代哲学の名著 20世紀の20冊』中公新書 | トップページ | 浅田彰『構造と力 記号論を超えて』勁草書房 »

経営戦略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/63489924

この記事へのトラックバック一覧です: 瀧本哲史『戦略がすべて』新潮新書:

« 熊野純彦『現代哲学の名著 20世紀の20冊』中公新書 | トップページ | 浅田彰『構造と力 記号論を超えて』勁草書房 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック