フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 立花隆『日本共産党の研究[三]』講談社文庫 | トップページ | ランゲ・アイヒバウム『天才 創造性の秘密』みすず書房 »

2016年5月27日 (金)

G・ナポリターノ他『イタリア共産党との対話』岩波新書

グラムシほどりっぱに労働者階級の革命的役割についての建設的なヴィジョンを言い表した人はいないのです。

レーニンは、農民がもはやかれについてくる気がなくなっていることがわかったとき、政策をかえました。なぜならば、大きな同盟がなくては、前進できないことを知っていたからです。

「レーニン主義」というこの言葉は、ジノヴィエフによってつくられ、ついてスターリンによってとりあげられたのです。

« 立花隆『日本共産党の研究[三]』講談社文庫 | トップページ | ランゲ・アイヒバウム『天才 創造性の秘密』みすず書房 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/63692521

この記事へのトラックバック一覧です: G・ナポリターノ他『イタリア共産党との対話』岩波新書:

« 立花隆『日本共産党の研究[三]』講談社文庫 | トップページ | ランゲ・アイヒバウム『天才 創造性の秘密』みすず書房 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック