フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 輪島祐介『創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史』光文社新書 | トップページ | 関口泰『国民の憲法』岩波新書 »

2016年5月 4日 (水)

吉本佳生『学校では教えてくれない 経済学の授業』PHP

読者が機会費用を正しい理解できら、ミクロ経済学(あるいは経済学そのもの)の本質をきちんと理解できたと言っていいでしょう。

100円ショップで高品質の国産商品がお得に買えるという現象の裏側には、価格は限界費用で決まるという理論があったのです。

通常、経済成長率と呼んでいるものは、この実質経済成長率です。

総需要の規模は「民間消費+民間投資+政府支出+輸出-輸入」で示されます。

基本的な公共財は政府が税金を集めて生産・供給するべきであり、それは政府の経済的な役割のひとつとなります。立法や警察や国防も政府の基本サービスに含まれるものであり、これらに役割を限定した政府を夜警国家と表現します。

« 輪島祐介『創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史』光文社新書 | トップページ | 関口泰『国民の憲法』岩波新書 »

経済学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉本佳生『学校では教えてくれない 経済学の授業』PHP:

« 輪島祐介『創られた「日本の心」神話 「演歌」をめぐる戦後大衆音楽史』光文社新書 | トップページ | 関口泰『国民の憲法』岩波新書 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック