フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 野間宏『親鸞』岩波新書 | トップページ | 八田進二他『鼎談 会計のいま、監査のいま、そして内部統制のいま日本経済を支える基本課題とは?』同文舘出版 »

2016年5月29日 (日)

小栗崇資『コンパクト財務会計 クイズでつける読む力』中央経済社

企業(enterprise)と会社(company)とは同じでしょうか。営利目的で経済活動を営む事業体のことを企業といいますが、企業には個人企業と法人企業があります。法人企業のことを一般に会社というので、企業と会社が示すものは違うものとなります。

大陸型とは、ヨーロッパ大陸で生まれた、主としてドイツやフランスに代表される経済のタイプです。それに対する英米型とは、アメリカやイギリスを中心としたアングロサクソン諸国における経済のタイプです。根本的な違いは歴史の長さにあるということができます。大陸型は長い歴史がありますが、英米型(イギリスを別として)は、新大陸でのアメリカに代表されるように歴史は浅いといえます。

時価評価が行われると、貸借対照表の利益と損益計算書の利益が一致しなくなります。・・・・・それぞれの利益は一致していますが、このような一致を「連携」といいます。複式簿記の仕組みの中では、資産・負債の要素と収益・費用の要素は連動していて、利益が生まれる過程は明らかです。そうした関係は「クリーン・サープラス」関係と呼ばれます。サープラス(剰余=利益)が見える形で(クリーンに)現われるからです。

経済学から見れば、企業に入ってくる資金はすべて資本とみなされます。・・・・・経済学ではすべての資金が資本として企業に投入されると見るわけです。

« 野間宏『親鸞』岩波新書 | トップページ | 八田進二他『鼎談 会計のいま、監査のいま、そして内部統制のいま日本経済を支える基本課題とは?』同文舘出版 »

財務会計」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/63700981

この記事へのトラックバック一覧です: 小栗崇資『コンパクト財務会計 クイズでつける読む力』中央経済社:

« 野間宏『親鸞』岩波新書 | トップページ | 八田進二他『鼎談 会計のいま、監査のいま、そして内部統制のいま日本経済を支える基本課題とは?』同文舘出版 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック