フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 上田篤『日本人とすまい』岩波新書 | トップページ | 沢田允茂『現代論理学入門』岩波新書 »

2016年5月12日 (木)

畑中武夫『宇宙と星』岩波新書

むかしから、星を明るさに従って、一等星、二等星などと呼んできた。

一光年は光が一年かかって到達する距離だ。

ぞう、わに、とら、などの名がないのは、星座の名が始まった土地が、エジプトやインドでなかったことの傍証だと言われている。

ウランは存在量が非常に少く、探すのになかなか骨の折れる元素である。

その昔カントやラプラスは、太陽系は渦巻くガスの雲から生れたと考えた。

« 上田篤『日本人とすまい』岩波新書 | トップページ | 沢田允茂『現代論理学入門』岩波新書 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 畑中武夫『宇宙と星』岩波新書:

« 上田篤『日本人とすまい』岩波新書 | トップページ | 沢田允茂『現代論理学入門』岩波新書 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック