フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 立花隆『日本共産党の研究[二]』講談社文庫 | トップページ | 大橋禅太郎・雨宮幸弘『秘伝すごい会議』大和書房 »

2016年5月25日 (水)

市井三郎『歴史の進歩とはなにか』岩波新書

アルジェリア解放の闘士であった黒人、故フランツ・ファノン

プラトンは古代ギリシャ史ではじめて、歴史の明確な段階的変化(価値的に中性の意味での段階的発展)を見出した人である。

中国人は歴史を本質的に循環するもの(春夏秋冬のような循環)としてとらえていた。

ジョン・ロックの宗教的寛容論においても、キリスト教諸派のあいだの寛容が説かれたのであって、回教にたいしては、いぜんとしてロックもきびしく不寛容であった。

ヴォルテールなどが、自分の書斎に終生、中国の孔子の肖像画をかかげていた、・・・

人間精神の歩みをより迅速に、より確実に、より容易ならしめる手段はすべて印刷術のおかげである。

印刷術はそもそも、グーテンベルクより千年以上も早く中国で発明されたものであり、金属活字による印刷術に話をかぎっても、その技術はやはりグーテンベルクより九百年ほど前に朝鮮で発明されている。

マルクスが、人間史の過程と狭義の自然史の過程とを、本質的に同じとみなしたという点は、いまさら説くまでもないだろう。唯物論だからだ。だがマルクスのは、弁証法的唯物論であった。

コンドルセの弟子であったサン・シモンや、サン・シモンの弟子であったオーギュスト・コントらが、・・

だから近代市民革命の思想的父祖たるジョン・ロックの諸著述には、「平等」理念の主張はおよそないのである。

現在法哲学界の最長老であるハンス・ケルゼンが、《わたしには正義とは何かを定義できない》と慨嘆したほどの難問なのである。

« 立花隆『日本共産党の研究[二]』講談社文庫 | トップページ | 大橋禅太郎・雨宮幸弘『秘伝すごい会議』大和書房 »

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/63683536

この記事へのトラックバック一覧です: 市井三郎『歴史の進歩とはなにか』岩波新書:

« 立花隆『日本共産党の研究[二]』講談社文庫 | トップページ | 大橋禅太郎・雨宮幸弘『秘伝すごい会議』大和書房 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック