フォト
無料ブログはココログ

amazon

« J.B.モラル『中世の刻印―西欧的伝統の基盤―』岩波新書 | トップページ | 大田昌秀『沖縄のこころ -沖縄戦と私―』岩波新書 »

2016年5月16日 (月)

R.ハロッド『社会科学とは何か』岩波新書

学生が創造性を発揮する最も重要な領域は、うまい冗談を飛ばすことです。これは品位を傷つけるものではありません。明らかに、ユーモアのセンスというのは、文明人の最高の資格の一つであります。

思索は、提起された問題に答える見込みが幾らかあるような事柄に限って許される

ピューリタニズムでは、「時間の浪費」が禁じられております。

アインシュタインの宇宙では、最後の端というのがないのです。

バークレー・・・・・カントより偉い哲学者ではないかと私は思います。

ラッセルは、彼の弟子のうち、ニコーの方がヴィトゲンシュタインより偉いと思う、と私に言ったことがあります。

私は、人間の性質の差異の主たる原因が遺伝的差異にあることを疑いません。

「自由」世界では、ロシアのような中央集権的計画経済を「共産主義」と呼ぶのが普通ですが、これは実は言葉の誤用で、中央集権的計画制度は「社会主義」と呼ぶべきです。

もしバートランド・ラッセルが生涯を経済学に献げたとすれば、彼はケインズの業績に匹敵するような価値ある仕事は一つも為し遂げ得なかったでしょう。バートランド・ラッセルには、ケインズのような強烈なリアリズムと根強い常識とが欠けていましたから。

社会学は科学と見るべきではありません。

後期のヴィトゲンシュタインも、ラムゼーの影響の下に、プラグマティズムへ導かれて行った。

« J.B.モラル『中世の刻印―西欧的伝統の基盤―』岩波新書 | トップページ | 大田昌秀『沖縄のこころ -沖縄戦と私―』岩波新書 »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: R.ハロッド『社会科学とは何か』岩波新書:

« J.B.モラル『中世の刻印―西欧的伝統の基盤―』岩波新書 | トップページ | 大田昌秀『沖縄のこころ -沖縄戦と私―』岩波新書 »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック