フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 佐藤優/聞き手・姜尚中『国家のエゴ』新潮新書 | トップページ | 清水勝彦『経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由』日経BP社 »

2016年6月20日 (月)

佐藤優『いま生きる「資本論」』新潮社

安倍政権は、究極のポピュリスト政権で、世論調査の数値が政権の安定度に直結する。そして、世論調査の支持率は、株価と連動している。

『愚管抄』の中にグローバリゼーションの議論があります。

ものすごく重要なことは最終的にトートロジーにしかならないのだ、と・・・・ヴィトゲンシュタインの『論理哲学論考』できちんと論じられています。

『資本論』の理論のかなりの部分がリカードの理論の引き写しです。リカードの主著であり、マルクスがまさにパクったのは『経済学および課税の原理』という本です。

マルクスの『資本論』の構造を結論から簡単にいうと、こうです。第三巻のいちばん最後、「諸階級」というところで書いていることですが、資本主義社会には三つの階級しかないとマルクスは言っています。労働者と資本家と地主です。

論理が破綻しているけれど、その破綻に気づかれないようにするコツは、接続詞を使わないことなんです。接続詞がないと勢いで読めるから、論理がどうなっているかに気を取られない。

宇野弘蔵の高弟である鎌倉孝夫・・・・・チュチェ思想

稼ぐに追いつく貧乏なし(寅さん)

« 佐藤優/聞き手・姜尚中『国家のエゴ』新潮新書 | トップページ | 清水勝彦『経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由』日経BP社 »

経済学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/63801884

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤優『いま生きる「資本論」』新潮社:

« 佐藤優/聞き手・姜尚中『国家のエゴ』新潮新書 | トップページ | 清水勝彦『経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由』日経BP社 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック