フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 宇野重規『政治哲学的考察 リベラルとソーシャルの間』岩波書店 | トップページ | 清水勝彦『経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由』日経BP社 »

2016年6月26日 (日)

楠木健『「好き嫌い」と才能』東洋経済新報社

実は、僕の研究の土台はマルクス経済学だからね。(米倉)

スタンフォードでもハーバードでも、「米国のビジネススクールはすごい」とみんなは評価するけれど、本当にすごいのは、そこにある学問的蓄積や世界最高峰の資料ですよ。

加護野「先生は授業でいろんなことを言うけれど、それが正しいことをどうやって証明するのか」。バウアー「筋がいいと思う経営者に話してみて、相手が『I see』と言ったらそれが正しい」

「経営学の知識は、経営者が実践できるだけの説得力を持った知識であるべきであり、『わかった。これでいこう』と思わせる力を持っていなければならない。『よし、それでいこう』という気持ちを起こさせないといけない」

« 宇野重規『政治哲学的考察 リベラルとソーシャルの間』岩波書店 | トップページ | 清水勝彦『経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由』日経BP社 »

経営学総論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楠木健『「好き嫌い」と才能』東洋経済新報社:

« 宇野重規『政治哲学的考察 リベラルとソーシャルの間』岩波書店 | トップページ | 清水勝彦『経営学者の読み方 あなたの会社が理不尽な理由』日経BP社 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック