フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 伊丹敬之『創造的論文の書き方』有斐閣 | トップページ | 別冊宝島編集部編『日本の右翼と左翼がわかる本』宝島社 »

2016年6月12日 (日)

友野典男『感情と勘定の経済学』潮出版社

悪徳商法の五つの柱というのは「ちょびっとしんけん」と言われています。「ちょ(儲)」「び(美)」「と(頭)」「しん(信)」「けん(健)」ということで、儲かりますよ、美しくなりますよ、頭が良くなりますよ、信じれば幸福になりますよ、健康になりますよ、という五つです。

共同体原理の内部に、「お金」を持ち込むとそれは市場原理の世界に変わってしまい、一気に共同体という意識が壊れてしまいます。

成果主義の最大のデメリットは、仕事がつまらなくなる心配があることなのです。短期的にはうまく進むかもしれませんが、最後には「仕事が面白いからやる」というモチベーションのほうが勝るようです。

築くは長く、失うは一瞬

« 伊丹敬之『創造的論文の書き方』有斐閣 | トップページ | 別冊宝島編集部編『日本の右翼と左翼がわかる本』宝島社 »

経済学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 友野典男『感情と勘定の経済学』潮出版社:

« 伊丹敬之『創造的論文の書き方』有斐閣 | トップページ | 別冊宝島編集部編『日本の右翼と左翼がわかる本』宝島社 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック