フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 小宮一慶『「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】』東洋経済新報社 | トップページ | 高下淳子『社長が読む儲かる決算書』日本実業出版社 »

2016年7月10日 (日)

D・マイケル・リンゼイ他『世界を動かすリーダーは何を学び、どう考え、何をしてきたのか?』日本実業出版社

リーダーシップとは、共通の理念実現のために影響力を行使することである。リーダーシップには潜在的な状態というものはなく、行動が起こされるときにのみ存在する。一方、権力は潜在的なことが多い。行動を起こさなくても権力は発生する。つまり、問題に関する対策を意図的に遅くする、あるいは議論が起きるのを防ぐといったことにも影響を及ぼす。

人と同じ土俵に残りたければ、人より早く行き、遅くまで残って働き、人の2倍の速さで走らなければならない。不平は言わず、ただやるしかない。それが黒人税だ。

リーダーはリーダーとして生まれるのではなく、リーダーになるのである。

サーベンス・オクスクリー法は国内外から高い評価を受けているが批判も多く、特に支持する政党によって評価が分かれた。

フーコーによれば、権力とは人々に直接作用するものではなく、人々を通じて行使される力である。

« 小宮一慶『「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】』東洋経済新報社 | トップページ | 高下淳子『社長が読む儲かる決算書』日本実業出版社 »

組織論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小宮一慶『「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】』東洋経済新報社 | トップページ | 高下淳子『社長が読む儲かる決算書』日本実業出版社 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック