フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 三木義一『日本の納税者』岩波新書 | トップページ | 小川仁志『日本哲学のチカラ 古事記から村上春樹まで』朝日新書 »

2016年7月23日 (土)

井上和弘監修『超解 決算書で面白いほど会社の数字がわかる本』あさ出版

「会社の数字」を見る4つのポイント

  1. もうかっていますか(収益性)
  2. つぶれませんか(安全性)
  3. 借金を返せる力はありますか?(金融力)
  4. 従業員はしっかり稼いでいますか(生産性)

借入金が月商の3カ月以上あるなら「黄色信号」、6カ月以上なら、「赤信号」といわれています。ただし、巨額の設備が必要な装置産業、不動産業は、業種的に、借入金がふくらまざるを得ません。

現在の借入金を7年以内で返済できれば、大きな問題はないといえます。

在庫とは、〝倉庫に在るもの〟とイメージしてください。

現預金は月商の1カ月分あれば十分なのです。

« 三木義一『日本の納税者』岩波新書 | トップページ | 小川仁志『日本哲学のチカラ 古事記から村上春樹まで』朝日新書 »

経営分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 三木義一『日本の納税者』岩波新書 | トップページ | 小川仁志『日本哲学のチカラ 古事記から村上春樹まで』朝日新書 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック