フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 内田正剛『「不正会計」対応はこうする・こうなる』中央経済社 | トップページ | 田中慎一『役員になれる人の「数字力」使い方の流儀』アスカ »

2016年10月 5日 (水)

吉川洋『人口と日本経済 長寿、イノベーション、経済成長』中公新書

ヨーロッパでは19世紀の終わりから人口減少の傾向がはっきりとしてきた。これはマルサスの「人口の原理」に反する。1人当たりの所得が上昇すると、子どもの数が増え、人口は増大する。これこそが「人口の原理」である。マルサスにインスピレーションを得たダーウィンの『種の起源』以来、生物の世界でも、食料が増えれば生物の数は増えるというのが常識だ。ところが人間の社会では、所得水準が高い国々で人口が減り始めたのである。それと並行して、かつてマルサスが強く否定した著しい寿命の延びが始まった。

人口にしても寿命にしても、それに大きな影響を与えるのは「1人当たり」の所得である。

すでに古代ギリシアの哲学者プラトン、アリストテレスの著作に人口制限の必要が説かれている。

マルサスにとって生涯の論敵となったデイビッド・リカードは、まさに「自由貿易」がイギリスにもたらす利益を説いた。

Pの悪魔、Uの悪魔

・・・・・今から200年以上前、ナポレオン戦争の頃に活躍したイギリスの経済学者デイビッド・リカードによって論じられた。アダム・スミスから始まる「古典派経済学」を完成した大経済学者リカードは、『人口論』のマルサスと長年論争を繰り返した人でもあった。

ジニ係数

ケインズも生涯「利子率の力」を重視した。

« 内田正剛『「不正会計」対応はこうする・こうなる』中央経済社 | トップページ | 田中慎一『役員になれる人の「数字力」使い方の流儀』アスカ »

経済学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/64303331

この記事へのトラックバック一覧です: 吉川洋『人口と日本経済 長寿、イノベーション、経済成長』中公新書:

« 内田正剛『「不正会計」対応はこうする・こうなる』中央経済社 | トップページ | 田中慎一『役員になれる人の「数字力」使い方の流儀』アスカ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック