フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 堀内智彦『2時間でわかる 図解KPIマネジメント入門』あさ出版 | トップページ | 原田勉『イノベーションを巻き起こす「ダイナミック組織」戦略』日本実業出版社 »

2016年11月30日 (水)

芝蘭友『死ぬまでに一度は読みたい ビジネス名著280の言葉』かんき出版

組織の目的は、凡人をして非凡なことを行わせることにある。天才に頼ることはできない。天才はまれである。

町おこしやイノベーションが生まれる現場にはたいてい3種類の人間がいるといわれる。よく知られているのは、「よそ者」「若者」「バカ者」である。違う業界の視点を取りいれられる者、古いしきたりや枠を取り外して動ける者、ひたすら真剣に打ち込める者である。

人は厳しく損益を問われない限り、経営者として育つことはない。

かつて「難問は分解せよ」と哲学者のデカルトは言ったが、問題解決とは分解することである。

ジョエル・パーカー『パラダイムの魔力』はパラダイム・シフトを起こす人間を4タイプに分けている。1つ目は研修を終えたばかりの新人、2つ目は違う分野から来た経験豊富な人、3つ目は一匹狼、4つ目はよろずいじくりまわし屋である。

« 堀内智彦『2時間でわかる 図解KPIマネジメント入門』あさ出版 | トップページ | 原田勉『イノベーションを巻き起こす「ダイナミック組織」戦略』日本実業出版社 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/64563665

この記事へのトラックバック一覧です: 芝蘭友『死ぬまでに一度は読みたい ビジネス名著280の言葉』かんき出版:

« 堀内智彦『2時間でわかる 図解KPIマネジメント入門』あさ出版 | トップページ | 原田勉『イノベーションを巻き起こす「ダイナミック組織」戦略』日本実業出版社 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック