フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 芝蘭友『死ぬまでに一度は読みたい ビジネス名著280の言葉』かんき出版 | トップページ | 中沢孝夫他『ものづくりの反撃』ちくま新書 »

2016年11月30日 (水)

原田勉『イノベーションを巻き起こす「ダイナミック組織」戦略』日本実業出版社

競争優位とは、競合他社と比較した超過利益率のことを意味する。理論的には、「価格-コスト」という基本利益単位において比較対象となるべき競合他社よりも上回っている場合、その企業は競争優位を獲得していることになる。

ポーターは競争優位をabove average returnsと言い換えている。すなわち、平均的な利益率を上回ることを指す。したがって、市場シェアや売上額、利益額などは競争優位を示す指標にはならない。

ポーターの競争戦略論は、時間割引率がきわめて高い企業ないしはその利害関係者にとっては、非常に有益なフレームワークとなる。

企業組織は明らかに機能集団でありゲゼルシャフトである。

家族は目的を達成するための手段でもなければ利害関係のみから構成されるものでもない。そこでは目的達成ではなく、一体感、帰属意識が重視されるのである。テンニースはこのような共同体を「ゲマインシャフト」と名づけた。

欧米社会では、企業とはゲゼルシャフトであり、ゲマインシャフト、すなわち共同体ではない。

米国では共同体は家族であって、所属する企業はゲゼルシャフトであり生活の手段にすぎない。それとは対照的に日本では、家族だけではなく企業もまた共同体であり、ビジネスパーソンは二つの共同体に属していることになる。

整理とは「捨てること=戦略」であり、整頓とは「そろえること=戦術」だという。したがって、モノの整理整頓は、業務の客観的かつ体系的な把握や業務マネジメントへとつながっていく。

イノベーションは偶然の結果として生じた場合が大半だということだ。

イノベーション戦略は、行動の範囲、すなわちドメインを規定するものであり、行動の中身に言及するものではない。

« 芝蘭友『死ぬまでに一度は読みたい ビジネス名著280の言葉』かんき出版 | トップページ | 中沢孝夫他『ものづくりの反撃』ちくま新書 »

経営戦略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/64563729

この記事へのトラックバック一覧です: 原田勉『イノベーションを巻き起こす「ダイナミック組織」戦略』日本実業出版社:

« 芝蘭友『死ぬまでに一度は読みたい ビジネス名著280の言葉』かんき出版 | トップページ | 中沢孝夫他『ものづくりの反撃』ちくま新書 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック