フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月27日 (火)

ルソー『エミール(下)』岩波文庫

プラトンは「国家篇」のなかで、女にも男と同じ訓練をさせている。・・・・・かれの国家では個々の家族を廃止してしまったので、婦人をどうしたらいいかわからなくなったプラトンは、女を男にしなければならなくなったのだ。

気ちがい男を愛する女は、気ちがい女でなければならない。

算術で計算しなければおやつの桜んぼをもらえないとしたら、女の子はすぐに計算を覚えることになる、それは保証してもいい。

女の子はおせじを言い、ごまかし、はやくから仮面をかぶることを知っているからだ。

服装のことをよく知っている女性は、よいものを選んで、いつでもそれをもちいている。

カトリックの国にくらべてプロテスタントの国ではいっそう家庭に愛着がもたれ、いっそう尊敬すべき妻、やさしい心をもった母が見うけられるような気がする。

ヘロドトスには、かれの歴史は考察というより物語なのだが、・・・

タキトゥスは、どんな作家がこんにちのドイツ人について記述しているよりもよく、・・・

ルソー『エミール(中)』岩波文庫

「どうして子どもはできるの」「女の人はおしっこをするようにして子どもを生むんですよ。それはとても痛くてね、そのために死ぬこともあるんですよ。」・・・・・賢い人は、これ以上に分別のある、目的にかなった解答がほかにみあたるかどうか考えてみるがいい。

容貌は性格を示すものとわたしは考える。

子どもは、喜びと苦しみという、はっきりわかる二つの感情しかもたない。

歴史の大きな欠点の一つは、人間をよい面からよりも、はるかに多く悪い面から描いていることだ。歴史は革命とか大騒動とかいうことがなければ興味がないので、温和な政治が行なわれてなにごともない状態のうちに国民の人口がふえ、国が栄えているあいだは歴史はなにも語らない。

トゥキュディデスは、わたしの考えでは、歴史家の真の模範である。かれは判断せずに事実をつたえている。

人間をいちばんよく知っているのは哲学者ではない。哲学者は哲学の偏見を通して人間をみているにすぎない。あんなに多くの偏見をもっている連中をわたしはほかに知らないと言っていいくらいだ。未開人は哲学者が判断するよりももっと健全にわたしたちを判断している。

人間はいちばん安い品物だ。・・・・・人権はいつでもあらゆる権利のなかでいちばんとるにたりないものだ。

宗教というものをいっさい忘れてしまうとやがては人間の義務を忘れることになる。

宇宙を動かし、万物に秩序をあたえている存在者、この存在者をわたしは神と呼ぶ。

フランス語をよく知るためにはラテン語を学ばなければならない。

勝負ごとは金持ちのする遊びではない。それはなんにもすることがない人間のなぐさみごとだ。

2016年12月26日 (月)

戸塚隆将『世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか?』朝日新聞出版

実は、HBSでは、教授は学生の一人ひとりの名前と顔、そしてバックグランドを覚えることに、大変な時間と労力を投入しています。

名前をファーストネームで呼び合うことが、人間関係の根底にあるという根強い考え方があります。

❝Excuse me❞❝I'm sorry❞は、本当に謝罪が必要な時だけです。

サンキューが9割に大して、エクスキューズミーが1割。9対1のルールを心がけています。

2016年12月25日 (日)

三條慶八『誰も教えてくれない あなたの会社のお金の残し方、回し方』フォレスト出版

銀行は信用創造機能を持っていますから、預貸率が100%を大きく超えていなければ、本来の姿とは言えません。

信用金庫の預貸率は、実は114行の平均よりもさらに悪い結果が出ています。

銀行は、借りて返した実績に対してお金を貸します。

経営改善計画と謳われているものの、よく見ると、内容はただの借入金返済計画です。

会社の返済能力は、次のように求めます。

年間減価償却金額+利益-税金=返済金額の上限

ふだん大ざっぱに会社の返済能力を把握しておくには、減価償却費プラス利益の約60%と考えておく方法があります。

 

竹田青嗣『人間の未来―ヘーゲル哲学と現代資本主義』ちくま新書

ヘーゲルは「近代社会」の理念のもっとも本質的な完成者、マルクスは「近代社会」の現実のもっとも根底的な批判者

宗教の基本方法は「物語=神話」を使う点にある。

錬金術への可能性は、金が合成されえない単一の元素であるという「原理」が見出されることによって終焉する。

ホッブズは王権論者であり、専制を擁護している、暴力を肯定し人間性悪説である。

巨大建造物は、権威、権力、財の集中がなければ不可能だからだ。

ルソーの『社会契約論』が全体主義の理論的源泉となったという意見は、・・・

世界史的には、大きな国家(帝国)の栄えるところ、必ず商業の繁栄が見られる。

近代以前の社会では、善はただ一つ(=真理)でなければならない。キリスト教会が何度も宗教会議を開いたり、アキナスのような学者が巨大な『神学大全』を書いて、教義を統一しようとしたのはそのためだ。

ホッブズが普遍闘争の原理を提示し、ロックが人民主権国家の可能性を示し、ルソーがその思想的「原理」を明示したとき、人類は、およそ一万数千年続いた絶対的支配と隷属の構造から抜け出す「可能性の原理」をはじめてつかんだ。

 

2016年12月13日 (火)

浅羽通明『「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか』ちくま新書

「できるけど、やらない」が非暴力。

政治家は票が欲しければ、デモよりも労組へ赴く。

未だ力の足りない反体制的運動が、国外の権力を追い風とするのは日本共産党とコミンテル以来、基本中の基本ですから。

撤退を転進と言い換えた大本営発表は有名ですが、・・・

ニーチェの永劫回帰は、何度も同じ人生や歴史を繰り返し、やり直し、修正できません。失敗や間違いもそのまま永遠回、繰り返されるのです。

便器に「泉」ってタイトルつけて美術だと展示したM・デュシャン

2016年12月12日 (月)

大塚愛子『フェミニズム入門』ちくま新書

十八世紀欧米で形成された近代自由主義思想の申し子として生まれたフェミニズムの歴史は、・・・

クリトリス・オーガズムから膣オーガズムへの快楽の移行を女性の性的成熟と論じたフロイトの性理論が、・・・

ラディカル・フェミニストは、レイプを、男性のコントロールのきかない性欲の突発的発動などではなく、男性の女性憎悪に基づく暴力的支配欲に由来すると捉える。

心理学は、生物学とともに女性抑圧の正当化のために利用され続けてきた。なかでも最も問題が多いとされたのが、フロイト理論である。

メアリ・デイリは、神=父と掲げる父権一神教を西洋家父長制の原点とみなしている。

男性は性を買うと称して、実際は恣意的な性暴力を行使する権利を得ようとしているのである。

和辻哲郎以来の日本の倫理学は、人権意識を欠落した美学的色彩の強いものである。

 

2016年12月 5日 (月)

ロルフ・ドベリ『なぜ、間違えたのか? 誰もがハマる52の思考の落とし穴』サンマーク出版

わたしたちは、自分の知識を過小評価するよりも過大評価することのほうがはるかに多い。

プロの水泳選手の肉体が完璧な形をしているのは、とことんトレーニングを積んだからではなく、もともと体格がいいから泳ぎがうまくなったのである。

旧約聖書の中のアダムとイブの逸話は、「偉大な権威に背くとどうなるか」という話である。そう、楽園から追放されてしまうのだ。

ナチスは「ユダヤ人問題」という言葉を何度くり返したことだろう。その結果、ドイツの民衆は、そこに重大な問題があると信じてしまった。

わたしたちは簡単に調達できるデータと対策に飛びつく傾向がある。

「意味」はあとからでっちあげられるからだ。

人間は、ものごとを科学的に考えるようになる以前から、世の中について物語で説明しようとしていた、という点だ。神話学の歴史は哲学よりも古い。

あなたは自分の才能がどこにあるのかを見つけ出さなければならない。自分の能力を超えたところで成功しようとすると、みじめな人生を送る羽目になるだろう。それはほぼ間違いない。

わたしたちは起きている時間の90%は他者のことを考え、ほかのことを考えるために使っている時間は10%しかない。

人間の不幸は、部屋でじっとしていられないから起こるのだ(パスカル)。

ブラックスワン(確率論や知識や経験をもとにしても予測不可能なことで、実際に発生すると社会に大打撃を与える事象。白鳥は白いものだと信じられてきたことが、オーストラリアで黒い白鳥が発見され、それまでの常識が一気に覆された出来事に由来する呼び方)

 

田中威明『取引先の倒産を予知する「決算書分析」の極意』経営者新書

売上不振や業績不振は、それだけでは倒産の徴候と見ることはできないのです。逆に、売上が増収で、黒字を継続していても安心とは言えないのです。

手形取引であれば、資金難による不渡りはすぐに知れ渡って倒産になります。しかし、手形を使わない取引では、資金難は単なる支払いの遅延として、内密に処理されます。

倒産予知を行うためには、次の5つの指標を参照したうえで、全体的な支払い能力を評価するのが効果的であると私は考えています。

  • 売上債権回転期間
  • 棚卸資産回転期間
  • 借入金月商倍率
  • 運転資金月商倍率
  • 現預金月商倍率

つまり、企業の経営・営業活動の結果はすべてBSに表れるのです。

経常収支比率という財務指標は銀行や信用金庫などでは非常によく使われている財務指標です。

流動比率には、以下のような欠点があるからです。

  • 流動部分(1年分)しか評価しないこと
  • 負債には支払い義務がないものも含まれていること
  • 粉飾の危険を検討していないこと

私は決算書は「成績表」ではなく「報告書」であると考えています。

「粉飾」を見抜きたい時は「売上」「売上債権」「棚卸資産」「仕入債務」の4つのバランスを時系列で比較してみましょう。

末松義章『不正経理処理の実態分析-粉飾決算のメカニズムと発生の抑止方法』によれば、売上債権、仕入債務、棚卸資産という3つの指標、つまり運転資金を使った粉飾は、決算書における「粉飾」のうち84.3%にもなるそうです。

中沢孝夫他『ものづくりの反撃』ちくま新書

日本は、戦後に有沢広巳先生の二重構造論などのマルクス経済学の理屈が流通し、「中そ小企業はかわいそうな存在でなければならない」という通念ができあがり、1963年に中小企業基本法が立ち上がったときには、「前近代的な領域としての中小企業」という前提があったがために、近代化法ができてしまった。近代化法とはつまり、中小企業は前近代的な存在だから近代化しなければならないという理屈です。

イギリスの経済学者マーシャルが百年ほど前に「サイエンスを産業に持ち込んだのはドイツだ」といっていますが、まさにそのとおりで、昔も今も、産業をサイエンスする知力では彼らは圧倒的です。

 

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック