フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 浅羽通明『「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか』ちくま新書 | トップページ | 三條慶八『誰も教えてくれない あなたの会社のお金の残し方、回し方』フォレスト出版 »

2016年12月25日 (日)

竹田青嗣『人間の未来―ヘーゲル哲学と現代資本主義』ちくま新書

ヘーゲルは「近代社会」の理念のもっとも本質的な完成者、マルクスは「近代社会」の現実のもっとも根底的な批判者

宗教の基本方法は「物語=神話」を使う点にある。

錬金術への可能性は、金が合成されえない単一の元素であるという「原理」が見出されることによって終焉する。

ホッブズは王権論者であり、専制を擁護している、暴力を肯定し人間性悪説である。

巨大建造物は、権威、権力、財の集中がなければ不可能だからだ。

ルソーの『社会契約論』が全体主義の理論的源泉となったという意見は、・・・

世界史的には、大きな国家(帝国)の栄えるところ、必ず商業の繁栄が見られる。

近代以前の社会では、善はただ一つ(=真理)でなければならない。キリスト教会が何度も宗教会議を開いたり、アキナスのような学者が巨大な『神学大全』を書いて、教義を統一しようとしたのはそのためだ。

ホッブズが普遍闘争の原理を提示し、ロックが人民主権国家の可能性を示し、ルソーがその思想的「原理」を明示したとき、人類は、およそ一万数千年続いた絶対的支配と隷属の構造から抜け出す「可能性の原理」をはじめてつかんだ。

 

« 浅羽通明『「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか』ちくま新書 | トップページ | 三條慶八『誰も教えてくれない あなたの会社のお金の残し方、回し方』フォレスト出版 »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/64673554

この記事へのトラックバック一覧です: 竹田青嗣『人間の未来―ヘーゲル哲学と現代資本主義』ちくま新書:

« 浅羽通明『「反戦・脱原発リベラル」はなぜ敗北するのか』ちくま新書 | トップページ | 三條慶八『誰も教えてくれない あなたの会社のお金の残し方、回し方』フォレスト出版 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック