フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 佐藤優『読書の技法』東洋経済新報社 | トップページ | 藤和彦『国益から見たロシア入門 知られざる親日大国はアジアをめざす』PHP新書 »

2017年6月28日 (水)

竹内洋『社会学の名著30』ちくま新書

結婚式で司会者が熱烈な恋愛結婚という紹介をしても、大概のところは階級や学歴の似たもの同士なのである。

絶対と断定ほど社会学から遠いものはないからである。

どんな学問も次の二つのことをめざさなければならない。「明快であること、そして当たり前でないこと」である。

生産諸力の発展が歴史の原動力であるという史的唯物論の精髄

人は『生まれながらに』できるだけ多くの貨幣を得ようと願うものではなくて、むしろ簡素に生活する、つまり、習慣としてきた生活をつづけ、それに必要なものを手に入れることだけを願うにすぎない。

プロテスタントの関心はあくまで霊魂の救済であったから、・・・

大人がなにかを隠さうとしてゐるといふ事実だけは、子供はちやんと見てとる。・・・・・教へようとしたものを学ばない。かれらが見せようとも教へようともしないところで、かへつて子供はなにものかを学びとる(福田恆存)。

« 佐藤優『読書の技法』東洋経済新報社 | トップページ | 藤和彦『国益から見たロシア入門 知られざる親日大国はアジアをめざす』PHP新書 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/65435580

この記事へのトラックバック一覧です: 竹内洋『社会学の名著30』ちくま新書:

« 佐藤優『読書の技法』東洋経済新報社 | トップページ | 藤和彦『国益から見たロシア入門 知られざる親日大国はアジアをめざす』PHP新書 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック