フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月28日 (金)

若狭勝『嘘の見抜き方』新潮新書

取調べは、まさに嘘と向き合い、嘘を見抜き、真実をあぶり出す作業なのです。

怒られれば怒られるほど被疑者の防御本能は強まり、心を閉ざしたままで、真実が語られる機会は失われてしまう。

自らにやましい部分があり、その疑いをかけられたとき、真実を全てありのままに話すことができる人はまずいない。

自分は騙されまい、噓を暴いてやる、自白させてやると必死になればなるほど、その気持ちが表情や言葉に出てしまい、相手にも察せられます。

怒りの表情の「持続時間」です。無実の人間は、自分が疑われているということに本当に怒っているので、それがずっと持続する傾向にあります。

事実を聞け。評価は最後の最後に聞け。

2017年7月23日 (日)

野田稔『実はおもしろい経営戦略の話』SB新書

低コスト化より差別化のほうが、マーケット(市場)は狭くなります。低コスト化は市場全体での競争優位性がありますが、差別化は一部(ニッチ)でのみ競争優位性が発揮されるので市場が限定的になるからです。

戦略と戦術をはっきりと分けたのは、クラウゼヴィッツ

ドラッカーは何も証明していないから

アップルが変えたのはドメイン(事業領域)なのです。

リデル=ハートは、クラウゼヴィッツより孫子に近い考えを持っていたようです。

BMWの経営戦略の象徴は、エンジン音にあります。

どうせ就職するなら、どんな小さな業界でもいいから、業界トップの会社に入ったほうがいい・・・・・特に大きな市場で万年2番手の企業は、トップの企業に負け続けている何らかの要因があるから、やめておいたほうがいい。

2017年7月21日 (金)

熊野純彦『西洋哲学史 古代から中世へ』岩波新書

哲学の起源はふつう、ギリシア本土から見て東方にあたるエーゲ海対岸のイオニアと、現在の地理的表象にそくして語るならば南イタリアに位置する、ギリシアの植民都市の双方にもとめられる。

タレスが偉大なのは、世界すべての原理はなにかという、かつてない問いを発したこと自体にある。

輪廻をめぐる思考は、オルフェウスの教えのうちにすでにふくまれている。

カントによれば、世界は有限でも無限でもないからである。

デモクリトスとエピクロスの「差異」に注目したのは、学位論文を執筆した若きマルクスであった。

ソクラテスがしたがう「神」は、なぜか単数形である。

教えることで報酬をとった最初の人間が、プロタゴラスであるむねを、プラトンが証言している。

クサンティッペが悪妻であったのは、たぶんない。ソクラテスが好色かつ酒好きな道楽者で、無能のひとだったのである。

アレクサンドロスは、もしじぶんが大王でなければ、ディオゲネスであることを望んだであろうと語ったといわれる。

哲学史は確実に哲学そのものです。テクストとともに思考を継続することなしに、それぞれの哲学者が考えたこと(思想)を理解することは不可能であるからです。

2017年7月17日 (月)

呉智英・宮崎哲弥『放談の王道』時事通信社

現行少年法は子供要保護観念-パターナリズムと教育刑主義という優れて近代的な理念の上に成り立っていて、子供は未熟で大人によって保護されるべき存在であり、かつ刑罰は応報ではなく教化でなければならないという「当為」が前提となっています。

私は仏教徒としてあらゆる本質主義を否定しますから、・・・・・

サンデルやマッキンタイアのようなコミュニタリアンの人格理念によれば、人生は一巻の物語のように一貫したものだということになります。

ポパーは、科学の発展とは真理の発見の積み重ねであり、全体としては一貫した体系が連綿と続いていくと主張したわけだよね。ところがクーンは、科学の進歩といっても、その成果はそれぞれ一本の串にささったいくつもの団子のようなもので、相互のつながりは何もない、ということを言っている。

ジャーナリズムに何か原理があるとすれば、それは商業主義しかないと思っているわけ。

日本人にとっての仏教っていうのは、ほとんど荘子思想なんだってのは断言できる。

やっぱり儒教っていうのは、人類の存続を前提にしているんですよね。

キリスト教では、すべての人命は神の賜物であると考えられていて、だからこそ人口中絶にも「安楽」死にも死刑制度にも批判的なんですね。

宗教というのは放っておくと必ず、他の宗教、他の信念体系と戦いを始めますね。

朱子学だの陽明学だのっていうのはかなり、仏教からぱくってるんだよ。

兵本達吉『日本共産党の戦後秘史』新潮文庫

日本共産党は、そのコミンテルンの「日本支部」にすぎなかったということを改めてしっかりと押さえておく必要がある。

「二七年テーゼ」は、のちにスターリンに粛清されたブハーリンが作成したものである。ブハーリンが失脚すると、オットー・クーシネンによって書き直された。これが「三二年テーゼ」といわれるものであり、戦前の日本共産党の指導方針となった。

戦前の共産党は、その活動の全体を「ソ連邦の擁護」と「支那革命の支援」に費やしていたといっても過言ではない。

日本共産党はレーニンが定めたコミンテルン加入の二十一ヵ条にしたがって創立された党であって、民主集中制という軍隊的な規律をいまだに厳守している、発達した資本主義国では珍しい党である。

ソ連が崩壊すると、宮本顕治は「双手をあげて賛成」などと全く意味不明の発言をして国民の失笑をかい、不破哲三は「ソ連は社会主義ではなかった」などと主張しはじめ、その人間としての限界を超えた破廉恥さで世間を驚かせた。

共産党が支配する「プロレタリアートの独裁」の国に一かけらの民主主義も存在しないことは、今や明白である。

レーニンは、「革命の根本問題は、権力の問題である」と繰り返し書いている。

「三二年テーゼ」・・・・・その当時の日本の国家権力を、地主と資本家の支配とともに、さらにその上に君臨する絶対的天皇制であると規定し、これの革命的打倒を呼び掛けた。

「天皇制」という言葉は日本語になく、コミンテルンのつくった左翼用語であることを覚えておく必要がある。

日本共産党は、戦前は「天皇制」を、戦後は「アメリカ帝国主義」を革命の「対象」として位置づけていた。

明治憲法が制定された直後の皇室は、まったくの貧乏所帯で殆ど財産らしきものを持たなかったので、・・・・・

もともとマルクス・レーニン主義というのは、暴力革命の理論である。

敵から手に入れた武器で敵を攻撃するというのは、万国共通の共産主義者の原則なのである。

レーニンの論文には、「児戯に類する」という言葉がよく出てくる・・・・・

ロシアの有名な革命詩人マヤコフスキーの作品に、「会議をやめるための会議を開こう」という古い党員なら誰でも知っている詩がある。

レーニンは、1920年に定めた「コミンテルン加入の21カ条」の14項で、「全ての国の共産党は、不可避的に党に入り込んでくる小ブルジョワ分子を党から系統的に清掃するため、党組織の人的構成の定期的粛清をおこなわなければならない」と定めた。

我が国の最も〝偉大〟なマルクス主義知識人である石堂清倫は、・・・・・

マルクスが「発見」した「法則」を日本の歴史的現実に「あてはめた」(適用した)ものが、日本共産党綱領である。

マルクスもレーニンも、最大の暴力である戦争を否定したことは一度もない。

東欧の共産主義国の崩壊は、「情報の公開」が原因であると言われる。

マルクスもレーニンも、「理論で世界を変えることはできない」と繰り返し述べ、大衆が社会の矛盾を知るのは、決して書物や論文によってではなく、実生活から学ぶのであると語っている。

日本共産党の査問というのは、初めから結論が出ているのである。

宮本の形式主義は、人物にも及ぶ。日本共産党のトップは、東大でなければならない。

社会主義者というものは、経済とか財政というものを理解できない。とりわけ、資本主義経済のメカニズムを理解することができない。

我が国には、残念ながら、カントもヘーゲルもいなかったし・・・・・。ところが、マルクス主義を勉強すると、これらの人たちの学説が全て入っていて、哲学も、歴史学も、経済学も、社会学も皆ワンセットで学ぶことができたのである。マルクス主義は、全体として社会科学をのものとして受けとめられた。我が国の勉強の好きな大学生が、とくに革命を目指していたわけではないのにマルクス主義に引きつけられた最大の理由は、まさにここにある。

大久保潤・篠原章『沖縄の不都合な真実』新潮新書

辺野古区住民の多数派は移設容認派です。移設を地区再生のきっかけとして期待してきたのです。

沖縄には、自分たちの現状を変えたくないという、真の意味で保守的な社会集団が存在するということです。

辺野古には訓練の後に飲む店も遊ぶ場所もほとんどありません。

移設先が辺野古になった理由には、この地域は過疎化が進み、基地の誘致運動があったことがあります。

「カネを落とせば、沖縄はおさまる」。これが日本政府の沖縄政策の基本です。

沖縄の企業や行政は振興策依存で自立心が奪われ、沖縄社会は自然破壊や地域の分断といった副作用に苦しむのです。

基地がある沖縄の自治体はみな財政を基地に依存しています。

首都に米軍の飛行場があるのは世界で東京(横田)だけです。ワシントンにもありません。

「処分」という言葉には、琉球側が明治政府の度重なる「廃藩置県」の要求に応じなかったという懲罰的な意味がこめられています。

2017年7月14日 (金)

東谷暁『経済学者の栄光と敗北 ケインズからクルーグマンまで14人の物語』朝日新書

1980年前後の英国におけるサッチャー政権とアメリカにおけるレーガン政権の誕生は、ケインズ政策の死亡通知だった。サッチャー政権はフリードマンのマネタリズムを採用し、レーガン政権もマネタリズムやサプライサイド経済学と呼ばれる反ケインズ経済学を重視した。

IT革命はサプライサイド経済学の成果であり、金融工学が支えていた住宅ブームはフリードマン以降のアメリカ金融経済学の勝利に他ならなかった。

マネタリスト(経済を金融の観点から見る傾向が強い経済学者たち)

サッチャーはフリードリッヒ・ハイエクの信奉者だったが、どういうわけかミルトン・フリードマンの「マネタリズム」を政策として採用し、それが現実にそぐわないことが分かると放棄してしまった。

スタグフレーションは、景気後退とインフレーションが一緒にやってくる現象

ケインズ経済学に対する批判は、アメリカのケインズ経済学がインフレと不況の同時進行をうまく説明できなくなったことから始まった。

2017年7月10日 (月)

高橋伸夫『図解 大学4年間の経営学が10時間でざっと学べる』KADOKAWA

世界初の階層組織はモーセがつくった!?

職務満足が高い生産性をもたらすという人間関係論的仮説は、現在では科学的に否定されています。

オースベル『ユダヤ人民間伝承の宝物』

2017年7月 9日 (日)

中野剛志『真説・企業論 ビジネススクールが教えない経営学』講談社現代新書

一般に「イノベーション」とは、技術シーズを生み出すところから、それを事業化することまでの過程全体を指します。ベンチャー企業は「イノベーション」というよりはむしろ、イノベーションの一部である「事業化」を担っているということです。

アメリカはベンチャー企業の天国ではないのです。

シェーンが言うように、平均的な起業家の姿というものは、人の下で働きたくないとか、職を失ったとか、あるいは未来の可能性に対して楽観的であるといった動機によって、より長時間の労働で、より収入が少なくなったとしても、頑張ろうという人たちです。

日本がアメリカのようなベンチャー大国になれない最大の理由は、・・・・・単に、軍事大国ではないからなのです。

ベンチャー・キャピタルは、「人」の何を見ているのかと言えば、何のことはない、学歴・職歴とコネを見ていたに過ぎなかったというわけです。

シリコンバレーというのは、エリート限定の閉鎖的な共同体だったのです。

野中郁次郎氏らが喝破したように、イノベーションとは人材の能力の成長のことです。そして、小池和男氏が論じたように、イノベーションを生み出す人材の育成には時間がかかるので、長期雇用が必要です。長期雇用の労働者こそが、イノベーションの源泉なのです。

ROE経営は『すでにあるもの』の効率化を図ることはできても、『今はないが、将来つくるもの』の価値を最大化することはできません(原丈人)。

ウィリアム・ラゾニックが声を大にして批判しているように、この自社株買いこそがアメリカ企業の短期主義を助長し、アメリカのイノベーションの力を削いできた元凶の一つなのです。

①アメリカはベンチャー企業の天国ではない。

②アメリカのハイテク・ベンチャー企業を育てたのは、もっぱら政府の強力な軍事産業育成政策である。

③イノベーションは、共同体的な組織や長期的に持続する人間関係から生まれる。

④アメリカは1980年代以降の新自由主義的な改革により金融化やグローバル化が進んだ結果、この40年間、生産性は鈍化し、画期的なイノベーションが起きなくなる「大停滞」に陥っている。

⑤日本は1990年代以降、アメリカを模範とした「コーポレート・ガバナンス改革」を続けた結果、アメリカ経済と同様に、長期の停滞に陥っている。

2017年7月 7日 (金)

藤和彦『国益から見たロシア入門 知られざる親日大国はアジアをめざす』PHP新書

日本とロシアは文明の「かたち」こそは異なるが、両国の国民性には意外なほど共通点が多い。

「ジャポニズム」とは、19世紀後半の欧州において一世を風靡した、日本美術への熱中のことを指す。

「東方を支配する」という意味のウラジオストク

現在のロシアの保守派が評価するのは、・・・・・ロシア正教を守ったスターリンである。

ロシア語には「安全」という言葉はなく、「危険がない」という表現しかない。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック