フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 竹内洋『社会学の名著30』ちくま新書 | トップページ | 中野剛志『真説・企業論 ビジネススクールが教えない経営学』講談社現代新書 »

2017年7月 7日 (金)

藤和彦『国益から見たロシア入門 知られざる親日大国はアジアをめざす』PHP新書

日本とロシアは文明の「かたち」こそは異なるが、両国の国民性には意外なほど共通点が多い。

「ジャポニズム」とは、19世紀後半の欧州において一世を風靡した、日本美術への熱中のことを指す。

「東方を支配する」という意味のウラジオストク

現在のロシアの保守派が評価するのは、・・・・・ロシア正教を守ったスターリンである。

ロシア語には「安全」という言葉はなく、「危険がない」という表現しかない。

« 竹内洋『社会学の名著30』ちくま新書 | トップページ | 中野剛志『真説・企業論 ビジネススクールが教えない経営学』講談社現代新書 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/65501034

この記事へのトラックバック一覧です: 藤和彦『国益から見たロシア入門 知られざる親日大国はアジアをめざす』PHP新書:

« 竹内洋『社会学の名著30』ちくま新書 | トップページ | 中野剛志『真説・企業論 ビジネススクールが教えない経営学』講談社現代新書 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック