フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 兵本達吉『日本共産党の戦後秘史』新潮文庫 | トップページ | 熊野純彦『西洋哲学史 古代から中世へ』岩波新書 »

2017年7月17日 (月)

呉智英・宮崎哲弥『放談の王道』時事通信社

現行少年法は子供要保護観念-パターナリズムと教育刑主義という優れて近代的な理念の上に成り立っていて、子供は未熟で大人によって保護されるべき存在であり、かつ刑罰は応報ではなく教化でなければならないという「当為」が前提となっています。

私は仏教徒としてあらゆる本質主義を否定しますから、・・・・・

サンデルやマッキンタイアのようなコミュニタリアンの人格理念によれば、人生は一巻の物語のように一貫したものだということになります。

ポパーは、科学の発展とは真理の発見の積み重ねであり、全体としては一貫した体系が連綿と続いていくと主張したわけだよね。ところがクーンは、科学の進歩といっても、その成果はそれぞれ一本の串にささったいくつもの団子のようなもので、相互のつながりは何もない、ということを言っている。

ジャーナリズムに何か原理があるとすれば、それは商業主義しかないと思っているわけ。

日本人にとっての仏教っていうのは、ほとんど荘子思想なんだってのは断言できる。

やっぱり儒教っていうのは、人類の存続を前提にしているんですよね。

キリスト教では、すべての人命は神の賜物であると考えられていて、だからこそ人口中絶にも「安楽」死にも死刑制度にも批判的なんですね。

宗教というのは放っておくと必ず、他の宗教、他の信念体系と戦いを始めますね。

朱子学だの陽明学だのっていうのはかなり、仏教からぱくってるんだよ。

« 兵本達吉『日本共産党の戦後秘史』新潮文庫 | トップページ | 熊野純彦『西洋哲学史 古代から中世へ』岩波新書 »

読書論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/65533986

この記事へのトラックバック一覧です: 呉智英・宮崎哲弥『放談の王道』時事通信社:

« 兵本達吉『日本共産党の戦後秘史』新潮文庫 | トップページ | 熊野純彦『西洋哲学史 古代から中世へ』岩波新書 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック