フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 伊藤元重『経済大変動』PHPビジネス新書 | トップページ | 岩崎育夫『入門 東南アジア近現代史』講談社現代新書 »

2017年8月 4日 (金)

上田二郎『国税局査察部24時』講談社現代新書

売り上げの把握が難しい現金商売(水商売など)は売り上げをごまかし、売り上げをごまかすことが難しい業種(建設業界など)は、経費をごまかす。

IT化によってスイカやパスモなどの交通系電子マネーが登場し、尾行もだいぶ楽になった。

手形は、代金の支払い機能と信用取引という二つの機能を持っていることとなる。

裏書が続いている手形での注意すべき点は、その繋がりが正しく連続していないといけないということだ。

「外―外取引」とは国税内部で使われる言葉で、脱税の手段が国外にあって、その果実(タマリ)が国外にある取引のこと。

個人や中小企業がタックス・ヘイブンを利用する主目的は、ずばり資金洗浄と脱税で、所得の移転とは区分して考えるべき問題だ。

OECDが悪質なタックス・ヘイブンの基準を策定した。

« 伊藤元重『経済大変動』PHPビジネス新書 | トップページ | 岩崎育夫『入門 東南アジア近現代史』講談社現代新書 »

税法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/65619577

この記事へのトラックバック一覧です: 上田二郎『国税局査察部24時』講談社現代新書:

« 伊藤元重『経済大変動』PHPビジネス新書 | トップページ | 岩崎育夫『入門 東南アジア近現代史』講談社現代新書 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック