フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

2017年9月22日 (金)

井上章一&関西性欲研究会『性の用語集』講談社現代新書

この「性」概念は、東アジア思想史上の大事件である十二世紀の朱子の登場で、大きな意味を与えられた。

存在論でいえば、朱子学は「気」を素材的な基体とする。

日本では、助平な言葉が、カタカナへおきかえられやすくなっている。

風俗という言葉の起源は、奈良時代にまで遡れる。

身体障害者や民族的マイノリティは笑い物にしてはいけないが、同性愛者や性別越境者のような性的マイノリティだけは、笑い物にしてもいいという、歪んだ社会認識が存在するのである。

売春防止法は男性による売春行為を想定していないので、男性の売春は十八歳以上である限りにおいてイリーガルではない。

小便の場合は、ごくあたりまえであるはずの姿を、立小便とよぶ。

招き猫は、生殖器の代替品だったと、言ってよい。

勃起していても平然としていることを「乃木神話」という。

「からゆきさん」は基本的に外国で外国人を相手にする人々を指すから、海外の戦地で日本人を相手にするようになった場合は「からゆきさん」と呼ぶことはできない。

「慰安婦」に「従軍」をくみあわせたのは千田であることを本人は否定していない。

アメリカのショー・ビジネスが第三世界のブラジルを見下し、道化じみた名前を黒人レスラーにおしつける。それも、ブラジル人に、ではない。ボボ・ブラジルはカナダ生まれの黒人であった。

その悪行によって神の怒りを受け滅ぼされた都市ソドムに由来するソドミー概念は、ひろくは「自然に反する罪」を意味していたが、その主たる内容は同性間の性行為にあった。

2017年9月18日 (月)

高橋洋一×ぐっちーさん『勇敢な日本経済論』講談社現代新書

ウォートン・スクールは、計量経済学が有名なところ。

アメリカ人って、最後は必ず「ディールしようぜ」と言うよね。取引しようというか、話し合おうというか。最終的にはディールで決まるんだから、最初はどんな球を投げてもいいんだよ。

トランプって大統領令が好きだよね。

ヒラリーに比べるとトランプの英語って、小学生が使うような言葉だから、日本人にも理解しやすい。

マクロ経済政策で見るべき指標はふたつしかない。GDPと失業率。

失業率が下がったとき、変化がもっとも鮮明に表れるのが新卒者の就職なんだ。

2017年9月16日 (土)

竹田青嗣『世界という背理 小林秀雄と吉本隆明』講談社学術文庫

フローベールはモーパッサンに「世に一つとして同じ樹はない石はない」と教えた。これは自然の無限、豊富さを尊敬せよということだが、・・・・・

「私は懐疑派ではない」とデカルトは言っている。懐疑派はただ疑うためにのみ論議をはじめるだけだと。

「他人をダシにして」自分自身を語ることを批評の本道とみなした小林の批評の道にとって、・・・

秋成の議論の眼目は、学者としての宣長がはじめから「皇国を万国の上に置」いて「日本魂」を強調することの偏りに、反省を促すところにあった。

小林は・・・・・「源氏物語」から「物のあはれを知る心」を読みとった宣長の視線をとおして、・・・

「物のあはれ」という中心テーマには芸術上の美の本質を照らすものが含まれており、しかも紫式部はそのことを極めて明瞭に自覚していた〝思想家〟でもあった。

小林はむしろ、美の根拠は人間の生活の中での情(こころ)の動き以外にはどこにもないと、大胆に言い切っている。

宗教の発想の核心は、・・・・・〝信ずるものは救われる〟ということに尽きる。

2017年9月15日 (金)

50セント+ロバート・グリーン『恐怖を克服すれば野望は現実のものとなる ~50セント成り上がりの法則~』TRANSWORLD JAPAN INC.

ナポレオンは膨大な量の情報を細部まで吸収し、それらを組織化する能力に長けていた。

困難な状況に対して文句を言うな。

かつてのアメリカは現実主義と実用主義の国だった。それは、環境の厳しさやフロンティアでの危機的状況から生まれたもので、生き残るためには様々なことに対して敏感でなければならなかった。

問題の根源を知らずして、いかなる解決策も意味がない。

必要なものは、求めるではなく奪う。

人間は、「自己利益を一番に考えている」という本質を忘れがちなのだ。

他人の下で働くことの問題点は、「早く過ぎてほしい」と思うような無駄な時間、つまり自分のものではない時間を過ごさねばならないことだ。

人生において重要視すべきはオーナーシップであり、金ではない。

自分を取り巻くすべてをチャンスとして捉える。

すでに持っているものを最大限に活かさねばならない。

道教の教えでは、自ら屈服し受け入れる柔軟性があれば、結果的に強くなれるとされている。

人生に分野など存在せず、それは私たちが無分別に守ろうとする単なる習慣にすぎない。

自分自身を定期的に改革する。

自分自身の奥深くにある攻撃的な一面を強化し、動揺などしてはならない。そして、自分に対する尊敬を他人に強いるのだ。

「決して超えてはならない一線があること」を示し、「ふざけた行動を取れば報いが待っている」ことを知らしめるのだ。

歴史上の偉大なリーダーは、愛されるよりも、恐れられ、尊敬される方が好ましい。

ストア哲学の核は死に方を学ぶことであり、・・・

2017年9月11日 (月)

薬師寺仁志『ポピュリズム 世界を覆い尽くす「魔物」の正体』新潮新書

『ワシントン・ポスト』紙が共和党寄りであれ、・・・

近代的な意味での国民主権や人民主権は、フランスで生まれた統治原理なのである。

プラトンが批判したのは、この何でもありの人民主権であった。

ポピュリストの真似をして、事態を単純化してはならない。それよりも、事態を深く知ることが肝要なのだ。

現代のポピュリストたちは、批判を浴びれば浴びるほど、人民の敵たるエリート層との闘いを演出し易くなる。

全体主義を産み出したのは、民主的な手続きなのである。

どのような国でも、誰かが最も単純で最も賃金の低い労働を担わなければならない。問題は、そうした人々が社会に必要な人間として尊重されるか否かという点にある。

いわゆる〈極右〉勢力は、国籍取得に関して、出生地主義を血統主義に変更することを強く訴えている。国民戦線のルペン氏こそ、その典型なのである。

ポピュリズムは、議会制民主主義の破壊でもある。

ポピュリズムが人々の心を蝕んでしまうと、民主政治は終わる。

佐藤優『獄中記』岩波現代文庫

戦後は、政治犯は存在しないという建前となっているので、政治犯罪を経済犯罪に転換するという作業が必要になる。それで贈収賄、背任、偽計業務妨害のような犯罪がつくられていくのだ。

独房には時計がないので時間がわからない。

ハーバーマスの本では、17世紀末から18世紀に、コーヒー、ココアを飲む習慣がヨーロッパの有産階級に普及し、それとともに喫茶店文化ができ、喫茶店を中心に政治について論じる空間ができたとの考察が面白いです。

ハーバーマスやカントにとって国家や法は究極的に道徳によって基礎づけられているという解釈をとっている、と佐藤は理解している。

プロテスタントの世界で「善」とされていたことが、カトリックの見方では「悪」となってしまうのがとても興味深いです。

プロテスタントから見れば、ルター、カルバンは英雄ですが、カトリックから見れば極悪人です。

日本の外交官が、ロシアで(恐らくはヨーロッパ全域で)良好な人脈を構築できない要因の一つが、教養の不足にあります。

国家とは、学術的に見るならば想像の政治的共同体、すなわち、人為的産物であることに間違いありません。

自由主義的保守主義というのが、私の基本的な考え方です。

シモーヌ・ベイユのように苦悩とは物理的にも共有しなくてはならない。

苦難を頭だけで理解するというのでは不十分で、身をもって共有することが不可欠というのがベイユの思想です。

北朝鮮のような国との交渉では、諜報チャネルを用いた「密室外交」がまさに必要なのです。

私自身が『太平記』の中でいちばん感情移入できるのは僧侶たちです。

足利義満は、明という超大国に日本が吞み込まれてしまわないようにするために、・・・

『太平記』の中で行動規範として引用されているのはすべて中国の古典からです。

チェチェンには「血の掟」という独自の「仇討ちの掟」があります。

プラグマティズムの考え方・・・・・つまり、人間の理性は同じなのだから、十分な時間と条件さえあれば、誰もが共通の結論を見出すことがきるという了解があります。

ナチズムがドイツ人の病理現象であったということについては、ほとんどの知識人の間で共通認識が得られています。

ヒトラーはルターを崇拝していました。

カント的アプローチを用いた方がナショナリズムの欠陥をより的確に説明することができます。

旧約聖書に書かれているユダヤ人の知恵が役に立つかということを実感しました。

イスラーム世界では、ムハンマドがネコをたいへんに愛したという伝承が多く残されているので、・・・

立川流を押さえておけば、日本の新興宗教やカルト集団の土壌を理解することができると思う。

人間の活動において、道具は決定的に重要である。

物事を考察するときに方法論は死活的に重要である。方法論が異なると、同じ出来事が全く異なった姿に見えてくる。

資本主義システムの強さは、その強靭な生き残り能力にある。

ナショナリズムには、「自民族の受けた痛みについては敏感だが、他民族に与えた痛みには鈍感である」という非合理的な認識構造が存在する。

ユダヤ・キリスト教的な直線的時間理解、要するに初めがあって、終わりがあるという構造を持っている。

ルターには狂気に近いものがある。ヒトラーが最も尊敬していた偉人はルターで、・・・

韓国ではイエス教と言うのに対し、北朝鮮ではキリスト教という傾向が強い。

韓国のクリスチャンの多くは、朝鮮戦争で北から逃れてきた人々である。

自己の安楽、家族の利益を超えたところで、日本国家について考える幹部外交官がいないと国家は滅びる。

規則というものは、それを破るような現実があるから制定されるというのは神学的理解だ。

フーコーによれば、監獄は近代になってから生まれた制度で、近代の軍隊も病院も学校も向上も役所も、構造は監獄と同じだという。

官僚による「世直し」は、国家の暴力的機能を強化する傾向にあることを忘れてはいけない。

2017年9月 5日 (火)

伊藤祐靖『国のために死ねるか 自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動』文春新書

軍隊というものは、自己完結型の組織である。

軍隊の中でも、敵陣に入り込み、孤立無援の状態でも自己完結して、作戦行動をとることができる部隊がある。それが特殊部隊である。

レンジャー行動(山間部の徒歩での近接)

この身を捨てるに値する何が日本という祖国にあるというのか

工作母船には必ず、自爆装置が装備されている。

海上警備行動が発令されない限り、警察官職務執行法が適用されない自衛官には、工作母船に乗り込む権限はないのだ。

特殊部隊員に必要なのは、覚悟でも犠牲的精神でもない。任務完遂に己の命より大切なものを感じ、そこに喜びを見いだせる人生観だ。

なぜ、米海軍特殊部隊がそう教えたのかを、君がその場で確認してこい。

国家理念も、戦術思想も、国民性もまるで違う他国の舞台にそのまま使えるものなどあるわけがない。

米軍の特徴は、兵員の業務を分割し、個人の負担を小さくして、それをシステマティックに動かすことで、強大な力を作りだす仕組みにある。それは、個人の能力に頼っていないので、交代要員を幾らでも量産できるシステムでもある。さらに、個人の負担が少ないので持久力がある。これが、米軍が最強でありえる大きな理由だ。

日本という国は、何に関してもトップのレベルに特出したものがない。ところが、どういうわけか、ボトムのレベルが他国に比べると非常に高い。

軍隊には、その国の底辺に近い者が多く集まってくるものなのだ。だから戦争というのは、オリンピックやワールカップのようにその国のエース同士が勝負する戦いではない。

私を含む一部の日本人は、最初は純粋な我慢だが、途中から心の中で「もっとやれ、もっとやれ」と思っている場合もある。

訓練死のない訓練は、戦死のない戦闘と同じで、芝居と同様である(ロンメル)。

訓練死を覚悟した、芝居でない訓練を実施せよ。

松本佐保『熱狂する「神の国」アメリカ 大統領とキリスト教』文春新書

プロテスタントはいくつもの宗派に分裂しているため、アメリカ国内の宗派としては、カトリックが最大規模であり、また最大の浮動票で、カトリックを制する者が大統領選で勝利するとまでいわれている。

ヒスパニックとは、メキシコやキューバなどの隣接のスペイン語を母語とするラテン・アメリカ諸国出身でアメリカに移民した人々、あるいはその子孫を総称

原理主義という言葉は聖書に書かれていることを絶対視し、この通りに実行することが真の救いの道であり、正しいキリスト教徒であると信じる態度で、元々はキリスト教からおこっている。

カトリックとプロテスタントの大きな違いに、聖書と聖職者に対する態度がある。この違いが歴史的に、両派を分け隔ててきた大きな要因の一つである。

「福音」とはGood Newsのことで、イエス・キリストの言葉を意味する。

プロテスタントは大きく主流派と福音派に分かれて、それぞれがまた複数の派を抱えているのに対し、カトリックにはローマ教皇を頂点とする高度に組織化されたグローバルなネットワークがあるからだ。

ティーパーティーは保守とはいえ孤立主義的で対外介入戦争を嫌う、アメリカの伝統的な外交的態度モンロー主義の傾向があるので、中東などへの介入戦争には消極的である。

バチカンは1929年にラテラノ条約でイタリア王国と和解してバチカン市国と・・・・・

ヨハネの黙示録に記されている千年王国論で、世界の終わりにキリストによって最後の審判が下される前に悔い改めれば千年王国、つまりは「神の王国」に入れるという考え方である。

1917年のバルフォア宣言は、パレスティナにアラブ人国家を創立すると約束したフサイン=マクマホン協定と矛盾して、イギリスの第一次世界大戦中の三枚舌外交の創立を約束していたのである。

2017年9月 3日 (日)

大村大次郎『お金の流れで探る「世界の今」が驚くほどよくわかる現代権力史』KADOKAWA

イギリスはどうやってスペインをしのぐほどの強国になったのか? 簡単に言えば、〝国を挙げての海賊行為〟である。

現在の世界中の多くの中央銀行は、このイングランド銀行をモデルとしている。

アメリカの急成長は、イギリスの投資なくしてはあり得なかったのである。イギリスはアメリカという国の「株主」とさえいえる存在だったのだ。

アメリカは、第二次世界大戦後すぐに、ヨーロッパ諸国に対し、莫大な経済援助を行った。いわゆるマーシャル・プランである。

イギリスは、ユダヤ人のお金が欲しかったために、パレスチナをユダヤ人に与えるという約束をしてしまったのだ。

ユダヤ人が世界でもっとも多く住んでいる国は、イスラエルではない。アメリカなのである。

アメリカのユダヤ人団体がイスラエルに寄付金を送るときには、税金はかからない。

IMFとは、・・・・・アメリカが最大の出資国であり、アメリカを中心につくられた機関である。

現在、中国はアメリカ国債の最大の保有者である。

タックス・ヘイブンを実質的に運営してきたのは、実はイギリスなのである。

「貧しい」ということは、「伸びしろがまだまだ大きい」ということである。

« 2017年8月 | トップページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック