フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 前田雅英『刑法入門講義 新しい刑法の世界』成文堂 | トップページ | 別冊宝島115号『天下国家の語り方 日本と世界、政治と経済をめぐる「神話」の検証!』JICC出版局 »

2017年10月16日 (月)

筆坂秀世『日本共産党』新潮新書

日本共産党中央委員会理論政治誌と位置づけられている『前衛』は、・・・

現在ある日本の主な政党のなかで、唯一戦前生まれの政党が日本共産党である。

日本共産党のことを「代々木」という言い方を・・・

指導機関のなかで独自に事務所を構え、党から給与を受け取って活動する常勤者を置いているのは、地区委員会までである。

「幹部」という言葉は、単なる表現ではなく、共産党という組織の本質にかかわる問題だからである。

日本の政党のなかで、企業献金も、政党助成金も受け取っていないのは日本共産党だけだ。

日本共産党の組織原則である「民主集中制」(民主主義的中央集権制)は、・・・

党全体を日常的に指導し、動かしているのが常任幹部会である。

共産党は国会議員よりも秘書の方が偉い。

金正日が、拉致を「特殊機関の一部の妄動主義、英雄主義による犯行」と語ったのは、みずからの責任は回避し、特殊機関にだけその責任を押し付けようとするものであった。

日本共産党には、「侵略戦争に反対した唯一の政党」という誇るべき歴史がある。

« 前田雅英『刑法入門講義 新しい刑法の世界』成文堂 | トップページ | 別冊宝島115号『天下国家の語り方 日本と世界、政治と経済をめぐる「神話」の検証!』JICC出版局 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筆坂秀世『日本共産党』新潮新書:

« 前田雅英『刑法入門講義 新しい刑法の世界』成文堂 | トップページ | 別冊宝島115号『天下国家の語り方 日本と世界、政治と経済をめぐる「神話」の検証!』JICC出版局 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック