フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 村田昭治『人間経営の知恵 気力・迫力・智力の源流を求めて』プレジデント社 | トップページ | 小山昇『強い会社の教科書』ダイヤモンド社 »

2018年2月25日 (日)

小倉紀蔵『新しい論語』ちくま新書

『論語』の世界観には、<アニミズム>が色濃く宿っている。

孔子の世界観というのは、孟子とは異なり、性(人間性)と天(超越性、命とも)を容易に結びつけない。つまり超越しない。むしろ人のしゃべり方や顔色、鳥獣の鳴き声、さまざまなもののたたずまいや動き方などを重視し、形容詞を大切にした。

日本の近代は、『孟子』的世界観の日本化だったということができる。

八百万というのは「すべて」という意味ではなく、「かぎりなくたくさん」という意味である。

私の考えでは、孔子はシャーマニズムよりもむしろ<アニミズム>により近い思想家だったのである。

中国や朝鮮では、朱子学以降、『論語』を『孟子』的に、つまり<汎霊論>的に読み替えた。

『論語』においてもっとも重要な概念は仁

孔子が仁を定義しなかった

落語やお笑いの世界でもっとも大切なのは「何をいうか」ではなく「いついうか」だといわれる。

キリスト教では、親からもらった肉体的生命ではなく、神が与えてくれる霊のいのちこそが永遠に生きるのだ、と教える。

俳句は、絶対に心をうたってはならない。

« 村田昭治『人間経営の知恵 気力・迫力・智力の源流を求めて』プレジデント社 | トップページ | 小山昇『強い会社の教科書』ダイヤモンド社 »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/59503400

この記事へのトラックバック一覧です: 小倉紀蔵『新しい論語』ちくま新書:

« 村田昭治『人間経営の知恵 気力・迫力・智力の源流を求めて』プレジデント社 | トップページ | 小山昇『強い会社の教科書』ダイヤモンド社 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック