フォト
無料ブログはココログ

amazon

« リチャード・テンプラー『できる人の仕事のしかた』Discover | トップページ | 日本経済新聞社編『リーダーシップの名著を読む』日経文庫 »

2018年4月11日 (水)

羽入佐和子『自分が自分であるために 哲学から思考のレシピのヒント』Discover

ほかの人はどう考えるかを確かめるのです。

「命題」とは、真偽の判断の対象となりうる文のことをいいます。

命題は、分析的と総合的との二つに分けられ、・・・

マックス・シェーラーは、分割不可能で、持続性があり、それなくしてはいかなる価値も損なわれてしまうような価値をもっとも高い価値と考えました。

少なくとも「ふつう」という名のモンスターには注意しないと、と思います。

« リチャード・テンプラー『できる人の仕事のしかた』Discover | トップページ | 日本経済新聞社編『リーダーシップの名著を読む』日経文庫 »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/66570574

この記事へのトラックバック一覧です: 羽入佐和子『自分が自分であるために 哲学から思考のレシピのヒント』Discover:

« リチャード・テンプラー『できる人の仕事のしかた』Discover | トップページ | 日本経済新聞社編『リーダーシップの名著を読む』日経文庫 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック