フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 大竹文雄『競争社会の歩き方 自分の「強み」を見つけるには』中公新書 | トップページ | 眞鍋圭子『素顔のカラヤン 二十年後の再会』幻冬舎新書 »

2018年9月10日 (月)

小林忍『傾く企業の驚くべき共通点 「経営の定石」の失敗学』Discover

手段や対象を選ばず、目先のものに飛びつく行動を「ダボハゼ」と言うことがあります。

一度筋を通す。そして魂を売る。

京都系企業では、先代の後を継いだ若い経営者に対して、他の企業のベテラン経営者が、公私にわたって非公式に助言する習慣があるのだと言います。

各楽器の特徴を把握し、ミスを潰して演奏力を引き出しながら、自らの楽曲解釈を実現していくのが指揮者の役割です。

リーダーは尊敬されるが、必ずしも好かれるとは限らない。

「選択と集中」が事業領域単位なのか製品カテゴリー単位なのかという、一見些末な違いが、結果では大きな差を生むのです。

GEの「選択と集中」とは「コストと品質で1番か2番になれる製品以外は撤退」との基準です。

センスは実戦での体験、特に失敗体験の繰り返しを通じてしか身につかないからです。

新事業は3年目に単年度黒字、4年目に累積一掃となれば上出来と言って良いでしょう。

花形商品は、全社一丸の努力で生まれるものであって、特定部門が、〝わが手柄〟とするようなものではないのです。

« 大竹文雄『競争社会の歩き方 自分の「強み」を見つけるには』中公新書 | トップページ | 眞鍋圭子『素顔のカラヤン 二十年後の再会』幻冬舎新書 »

コンサルタント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/67152038

この記事へのトラックバック一覧です: 小林忍『傾く企業の驚くべき共通点 「経営の定石」の失敗学』Discover:

« 大竹文雄『競争社会の歩き方 自分の「強み」を見つけるには』中公新書 | トップページ | 眞鍋圭子『素顔のカラヤン 二十年後の再会』幻冬舎新書 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック