フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 眞鍋圭子『素顔のカラヤン 二十年後の再会』幻冬舎新書 | トップページ | 今北純一『西洋の着想 東洋の着想』文春新書 »

2018年9月20日 (木)

高杉尚孝『問題解決のセオリー 論理的思考・分析からシナリオプランニングまで』日本経済新聞社

特に問題の発見と課題設定の手続きは重要です。・・・・・課題の設定いかんによって、分析領域自体が限定されることに加え、解決策の幅も決まってきます。

問題とは解決の求められる課題である。

IRRは、まずは、あくまでも“内部”収益率ですので、資金調達コストとの比較を要するという点に気をつけることが大切です。

主張をしたら論拠を述べるのが論理的であることの基本。

« 眞鍋圭子『素顔のカラヤン 二十年後の再会』幻冬舎新書 | トップページ | 今北純一『西洋の着想 東洋の着想』文春新書 »

ビジネススキル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/67189062

この記事へのトラックバック一覧です: 高杉尚孝『問題解決のセオリー 論理的思考・分析からシナリオプランニングまで』日本経済新聞社:

« 眞鍋圭子『素顔のカラヤン 二十年後の再会』幻冬舎新書 | トップページ | 今北純一『西洋の着想 東洋の着想』文春新書 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック