フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 宇佐美典也『逃げられない世代 日本型「先送り」システムの限界』新潮新書 | トップページ | 野口悠紀雄『知の進化論 百科全書・グーグル・人工知能』朝日新書 »

2018年10月 7日 (日)

永田豊志『革新的なアイデアがザクザク生まれる発想フレームワーク55』SoftBank Creative

自分が世界を変えられると、本気で信じる人たちこそが、本当に世界を変えているのだから・・・・・

問題には2つのタイプがあります。1つは顕在化した問題、もう1つは見過ごされた問題です。

一見関連性のないウンチクというか、ムダ知識というか、そういったものがいつの日かお互いに化学変化を起こして、思いもよらぬアイデアが誕生するのです。

アイデアは最初の1歩が肝心です。

人間の心理として、特にネガティブファクターを取り除くことは重要です。

大きな変革には「外来からの異質な何か」が必要なのです。

問題は人にあらず、人の間にある。

同じものでも、評価の軸を変えることで、短所を長所に変えることができます。

質問を変えてみるというのは、発想にはとても重要なアプローチです。

自然界には多くのダイレクト・アナロジーのヒントがあります。

« 宇佐美典也『逃げられない世代 日本型「先送り」システムの限界』新潮新書 | トップページ | 野口悠紀雄『知の進化論 百科全書・グーグル・人工知能』朝日新書 »

ビジネスツール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/67238351

この記事へのトラックバック一覧です: 永田豊志『革新的なアイデアがザクザク生まれる発想フレームワーク55』SoftBank Creative:

« 宇佐美典也『逃げられない世代 日本型「先送り」システムの限界』新潮新書 | トップページ | 野口悠紀雄『知の進化論 百科全書・グーグル・人工知能』朝日新書 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック