フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 唐津一『かけひきの科学 情報をいかに使うか』PHP新書 | トップページ | 仲正昌樹『ハイデガー哲学入門―『存在と時間』を読む』講談社現代新書 »

2018年11月14日 (水)

仲正昌樹『今こそアーレントを読み直す』講談社現代新書

アーレントは、そういう思考停止したままの「同調」が、「政治」を根底から掘り崩してしまい、ナチズムや旧ソ連のスターリン主義のような「全体主義」に繋がるとして警鐘を鳴らし続けた。

アーレントは、一つの世界観によって、不安に駆られた大衆を何らかの理想へと「導く」かのような姿勢を見せる政党を、マックス・ウェーバーに倣って「世界観政党」と呼び、その典型がナチスやボリシェヴィキ(ソ連共産党)だとしている。

「考える主体」であることを放棄して、自分たちの代わりに考えてくれる「指導者」を求めているということである。

「全体主義」という言葉は、もともと1920年代にイタリアのファシズム運動の理論家たちによって、自分たちの目指す、脱個人主義的で、国民全体を統合し導いていける国家の特徴としてポジティヴな意味で用いられ始めた。

彼女はそこに、「同一性」を求める国民という集団が、自分たちの身近に「異質なる者」を見出し、「仲間」から排除することによって、求心力を高めていこうとする「自/他」の弁証法のメカニズムを見る。

「帝国主義」というのは、一応の政治的統一を遂げ、資本主義的に経済を発展させるようになった西欧の国民国家が、工業製品の原材料の産地と製品の市場を求めて、アフリカやアジアの諸国を植民地化するようになること、そして植民地獲得のために互いに争うようになることを指す。ナショナリズム競争が世界的に拡散する現象と考えてもよい。

「帝国empire」というのは、古代ローマ帝国のように、多民族・多宗教からなる広大な地域を一人の元首が統治する国家形態を指す。

スターリン主義のソ連は、(ユダヤ系の富農の子として生まれた)トロツキー等の党内反動分子による反革命の世界的陰謀という物語を利用して、党内・国内の粛清を正当化した。

ナチスやソ連共産党は、大衆が見たいように現実を見させてくれる物語を提供し、彼らを組織化することに成功した。

« 唐津一『かけひきの科学 情報をいかに使うか』PHP新書 | トップページ | 仲正昌樹『ハイデガー哲学入門―『存在と時間』を読む』講談社現代新書 »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538676/67314790

この記事へのトラックバック一覧です: 仲正昌樹『今こそアーレントを読み直す』講談社現代新書:

« 唐津一『かけひきの科学 情報をいかに使うか』PHP新書 | トップページ | 仲正昌樹『ハイデガー哲学入門―『存在と時間』を読む』講談社現代新書 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック