フォト
無料ブログはココログ

amazon

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月27日 (日)

出口治明『教養は児童書で学べ』光文社新書

子どもは、自分が読みたいと思ったときに本を読み始めるものですから、あまり心配しすぎないことです。

『西遊記』は、表の世界に対する、裏の世界、つまり本音と建前でいえば、本音の世界を描いているのです。

中国は秦の始皇帝以来、典型的な役人天国で、・・・

アラブの人たちは遊牧民です。・・・・・遊牧民には商人が多い。

インドネシアがイスラム圏なのかと、・・・・・昔アラブ人がたくさんきたからです。

『神曲』は、ムハンマドが天国を旅した物語を下敷きにしているのです。

ワーグナーのオペラ『タンホイザー』にもアラブの影響が見てとれます。

地域おこしに必要なのは、「若者」「馬鹿者」「よそ者」だとよく言われます。

ストレスは価値観を変えることでしか解消できないのです。

ロンドンの幼稚園の教え

  1. 人は一人ひとり違う
  2. 自分の思いは口に出さなければわかってもらえない
  3. みんなが一斉に、やりたいようにやったら社会はめちゃくちゃくになる

人間の脳は、医学的に見て1万3000年以上まったく進化していません。

10億年後には、太陽が膨脹して地球上の水は全部蒸発します。

人間はある程度は対等でないと友情は結べない。

2019年1月21日 (月)

佐藤優『大国の掟 「歴史×地理」で解きほぐす』NHK出版新書

新自由主義とは、政府による社会保障や再分配を極力排し、企業や個人の自由競争を推進することが最大限の成長と効率のいい富の分配を達成するという経済学的な立場を指します。

そもそもアメリカの建国者たちの多くは非平等的相続システムをもつプロテスタントのイギリス人たちですから、・・・・・

イギリスの国名には民族を示唆する言葉が一つもありません。

アメリカの主力は海軍です。

イギリスは、正式な国名に表れているように、国民国家(ネーション・ステート)ではありません。民族(ネーション)の形成に向かわせず、王に対する忠誠をもとに国家を成立させる「同君連合」という前近代的なシステムを維持してきました。

EU最大の目的は、ナショナリズムの抑制です。

ロシアでは、同じ人物が三回続いて大統領に就任することは憲法で禁止されています。

マルクス主義は、究極的に国家は廃止されると考えます。

「ソビエト社会主義共和国連邦」という名前が示すように、ソ連では、それぞれの主権国家がソ連に加盟する権利と脱退する権利をもっています。

日本がアメリカの植民地をまぬがれた理由には、南北戦争が大いに関係しているからです。

反セム主義・・・・・インド・ヨーロッパ語族であるヨーロッパ人とは違う、セム系言語を話す人たちへの敵意や偏見を助長するような考え方です。セム族には、ユダヤ人だけでなく、アラブ人も含まれます。

茂木誠『ニュースの❝なぜ?❞は世界史に学べ 日本人が知らない100の疑問』SB新書

ヨーロッパが生まれたのは、古代ローマ帝国が崩壊したあとです。

キリスト教とイスラム教は、どちらもユダヤ教から分かれた宗教です。

ユダヤ教とは「親子の縁よりも神様への忠誠心が大事」という宗教なのです。

「カトリック」とは「普遍的」「世界共通の」という意味です。

平和主義は舐められる、というのが世界史の教訓なのです。

経済統合や通貨統合の絶対条件は、同じ価値観をもっていること。そして、経済格差があまりないことです。

サウジアラビアには、憲法も国会も選挙もありません。

「イラクのアルカイダ」が、のちに名前を変えて、ISとなったのです。

シリアも、英・仏の密約で人工的につくられた国です。

アラブの春とは、独裁政権に対する一連の民主化運動のことです。

国をもたない世界最大の少数民族が、クルド人なのです。

ISの敵対勢力といえば、まずはクルド人。そして、シーア派です。

エルドアン大統領の本当のスタンスは、反欧米なのです。

イスラムの世界には国Nationという概念が希薄です。

アラブ人には、国という意識が薄いのです。

FRBはアメリカの国営ではありません。

ベクテル社はアメリカ最大の建設会社(ゼネコン)。

基本的に国家を信用しない。自分の身は自分で守るので福祉もいらない。税金も払いたくないという極端な個人主義、自由主義の思想をもっています。彼らのような立場をリバタニアンといって、・・・・・

最初にアメリカが侵略した国は、メキシコ。

「草の根保守」は政府を信用していませんから、福祉も年金もやめて減税してくれ、老後の面倒は自分で見るという立場です。

中国政府が「靖国はけしからん」と騒ぎ出したのは、江沢民による反日教育が行われるようになってからです。

井沢元彦『中韓を滅ぼす儒教の呪縛』徳間文庫

中国人は儒教は人の道を説く哲学であって宗教ではない、と考えています。

ほとんどの宗教にあるのに儒教にはないもの、それは「来世」です。儒教は「怪力乱神を語らず」と豪語するだけあって、死後の世界について何も語っていません。

日本が朱子学の影響を大きく受けることになったのは江戸時代、徳川家康が武家の学問として導入したことによります。

全羅道と慶尚道がいまだに仲が悪いのも、・・・・・

儒教では「史実」よりも、「理想」が優先されるからです。

儒教が祖先崇拝と深く結びついている・・・・・

「孝」は、あらゆる道徳の根本とされ、孔子はそこからすべてが始まるとしています。

儒教では「忠」よりも「孝」の方が優先されます。

2019年1月 2日 (水)

齋藤孝『齋藤孝のざっくり!西洋哲学 ソクラテスからマルクス、ニーチェまでひとつかみ』祥伝社黄金文庫

アリストテレスの成果に目をつけたのが、中世のキリスト教、すなわちローマ・カトリック教会でした。カトリックの最大の目的はただ一つ、神の存在を証明することです。

カントは、それまで人間が見たり、感じたりする対象がそこにあるからこそ、それを認識することができるのだと考えられていたのを、「それは逆である」と主張しました。まず人間に「認識機能」のようなものが備わっているからこそ、見たり感じたりできるのだと言うのです。

マックス・ウェーバーがロシア革命直後に、革命後の国家が権力主義によって、腐敗した官僚制に陥っていくと予言した通りになってしまいました。

カントが見事なのは、ここで「あきらめる」という選択を受け入れたことです。

カントは、無理をやめて、理性を有効なものと有効ではないものにきちんと分けて考えればいいのではないかと思いついたわけです。

西洋は一般的に欲望が強く、「どうにも止まらない」という特性があるのですが、中でもドイツ人というのは、そうした野望の実現に向けての努力を、ちょっと恐いぐらい徹底して行ないます。

ある種の苦難を経験し、それを𠮟咤激励して乗り越えたときに初めてほめるようにしなければ、苦難から逃げてしまうからです。

人間の脳はどんな言葉の文法も理解できる能力を生まれながらにして持っている。

大竹愼一『おカネの法則』日本経営合理化協会

元来、日本人というのは見えるモノには強いが、見えないモノには非常に弱い。

その利益を出すには、バランスシートのいろいろな項目をいじらなければならない。

資本の論理というのは、まずカネ(小金)をつくらないと、カネ(大金)は集まってはこない。

企業経営の基本は、バランスシートからにじみ出てくるキャッシュフローを大事にコツコツつくっていって、それをブックバリュー(自己資本)に貯めこんでいくことである。

資本主義あるいは企業経営というのは、ローマ古代あるいはメソポタミアの時代からあった。

近代資本主義を築いてきたのが、いわゆるクリスチャン、その中でもプロテスタントの人たちだからである。

やはり商売というのは、原則的な事をきちっとやっている所が勝ち残っていくものである。

ROEが重視されるのは、アングロサクソン、イギリスで発展した、いわゆるパートナーシップの考え方が元になっていて、・・・

ROE経営とは最終的には儲けを山分けして事業は終わるというイギリスのスタイルを元にして、株主資本(自己資本または純資産)が中心になって考える場合には当てはまる。

アメリカの著名な投資理論フィリップ・A・フィッシャーは、「流動資産から流動負債を引いた残高、いわゆるネットの流動資産の金額を発行株数で割った『一株あたりの純流動資産』が高い会社は、必ず株価は上がる。反対に、『一株あたりの純流動資産』が低い会社の株価はなかなか上がらない」と言っている。

基本的に、投資というのはスパン(期間)を長く取らないと、なかなか儲からないものである。

マネタリズムとは、基本的に「カネの流れを自由市場にまかせ、長期的に適量のおカネ、いわゆる適正水準のマネーサプライを継続的に増やしていけば、経済を順調に成長させることができる」という考え方をする。

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック